りーん

デアデビル シーズン1のりーんのレビュー・感想・評価

デアデビル シーズン1(2015年製作のドラマ)
3.7
ダークな世界観が印象的。彼の見る世界は闇で、それがそのまま広がったよう。
濡れ衣を着せられたり関係がこじれたりして、身も心もボロボロに。それでも戦い続けるマットをに、切なくなりつつ光が差すことを願いながら観た。
カレンが不憫だった…
敵が最低。自分のことは棚に上げたままで子どもみたい。倒しがいがあるなって思った。
素敵なアボカドに次も期待!