デアデビル シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「デアデビル シーズン1」に投稿された感想・評価

プチプチ

プチプチの感想・評価

5.0
0
MCUとして同じ世界観を共有していながらも、映画とは異なったダークな世界観が展開されている。
デアデビルとして、弁護士として生活するマシューはキングピンことウィルソン・フィスクとの対決に全力を注ぐ。
ken

kenの感想・評価

5.0
0
一気みした。
さいこー
たつや

たつやの感想・評価

3.8
0
本作を観るまで気付かなかったのだが、アベンジャーズもシールドもエイリアンやロボットや能力者といった超常的な存在からは人類や地球を守ってくれるが、ニューヨークの路地裏で人身売買を行っているような裏社会の犯罪者から市民を守っている姿はほとんど見たことがなかった。『スパイダーマン ホームカミング』でのトニーの発言からも分かるように、そういう犯罪者は基本的にはアベンジャーズやシールドの守備範囲外なのだろう。では、あの世界で身近な犯罪者から誰が市民を守るのか?その答えが本作を始めとするネトフリマーベルドラマ群なのではないかと感じた。世界の表舞台で華々しく戦うアベンジャーズ、舞台裏で人知れず人類や地球を守っているシールド、そしてそんな彼らの足下で血まみれになって地を這いながらも日常の隣に潜む闇から市民を守っているのがネトフリマーベルのヒーロー達なのだろう。

血生臭く重苦しい雰囲気も相まって全13話が大変長く感じるが、ヒーローもヴィランも文字通り命懸けで戦っており、この壮絶なドラマに比べれば自分の小さな仕事の悩みなんか大したことないな!と思えるので大変オススメ。
su

suの感想・評価

4.5
0
好みストライク
かき

かきの感想・評価

4.4
0
ネトフリ版MCU一作目。ニューヨークの戦い(無印アベンジャーズ)に関する物やセリフちょっと出てきたりで本編と同じ世界だと感じた。

幼少期にとある事故で視力を失ったマットマードックは昼の顔は弁護士、夜の顔は悪いヤツらをボコ殴りにするダークヒーロー(カトリックなので殺しはしない信念)の二面性を持つ。2つの顔を駆使してフィスクを追い詰めるのがかっこよかった。

なによりも本作のヴィランであるウィルソンフィスクは最初はバケモンクソ野郎と思ってたが、彼の人間性が丁寧に描かれてて終わったころにはかなり好きな敵になった。
フィスク役を演じたヴィンセント・ドノフリオは同役でスパイダーマンNo Way Home出演に名乗りを上げているだとか。
co2

co2の感想・評価

3.7
0
パニッシャーが見たいがために時系列順で見始めたが、おもしろくて2日間で一気見してしまった。
キングピンがかっこよくてずるい。
ゴリゴリの肉弾戦ヒーローと最終話の殴り合い最高。
そして白杖ぶん投げて全裸力疾走しちゃう弁護士。
最終話まで引っ張ってのコスチューム披露はアツかった。
かずあき

かずあきの感想・評価

3.9
0
MCUの明るくて楽しい雰囲気も悪くないけど、今作やダークナイトみたいな暗くてシリアスなトーンの方が好み

悪役が単なる外道じゃなくて人間味もある人物だった
よっさん

よっさんの感想・評価

3.8
0
^_^
パニッシャーを観るために見始めたけど割と面白かった

ヴィランの力は街全体を覆い尽くすほどの権力、ヒーローは視力のない弁護士という設定が面白くて割とシリアスなストーリー。闘いもバキバキの肉弾戦で凄い好き。
記録
>|