fuo

ラスト・フレンズのfuoのレビュー・感想・評価

ラスト・フレンズ(2008年製作のドラマ)
4.2
ドラマレビューも始めてみます。


各登場人物の内面まで具体的に描かれているため、ごちゃごちゃしておらず、物語に入り込んで楽しむことができました。

悲惨な出来事もありますが、放送当時に、この結末にできたのは素晴らしいなと素直に思いました。

また、絶妙なタイミングで流れ出す宇多田ヒカルの"Prisoner Of Love"が素敵で印象的です。