すみ

ラスト・フレンズのすみのレビュー・感想・評価

ラスト・フレンズ(2008年製作のドラマ)
5.0
大大大好きなドラマ。
通しで5回くらい観てる。
圧倒的不幸体質なみちるとこれまた幸薄なたけるくんとるかちゃん、そして宗佑たちが織りなす現代日本社会の問題や闇を非常にバランスよくシナリオに組み込んだ最強のドラマだと思ってます。
みちるちゃんの毒親及び貧困育ち、美容師という職業の激務さ。瑠可のトランスジェンダー、たけるの性的虐待体験と女性への恐怖。そして宗佑のDV。
こんな激鬱なドラマある??って初見の時はびっくりした。
宗佑の顛末が一番印象深い。形はどうあれみちるを愛してたことは事実だったんだな、と思える最後だった。