ROOKIESのネタバレ・内容・結末

「ROOKIES」に投稿されたネタバレ・内容・結末

昔観たけどもう観なくていいかな
Amazon Prime videoに入っていたため、初めて観た。
昔、一部の回は観たことあると思うが通しで観たのは初めて。
スクールウォーズのオススメに出てきたため、観た。

スクールウォーズと設定は似ているが、スクールウォーズの方が家庭の事情、恋愛、勉強、就職など、生徒の置かれている状況を多面的に描いているので、それと比べると残念ながら下。
時代背景もあるかもしれないが。

一度失った信用は中々取り返せないことを問題を起こした野球部員、暴力を振るった教師ともに痛感させられる話。
世の中、厳しい。
夢にときめけ! 明日にきらめけ!



😍💗❗️❗️❗️❗️


GReeeeNのキセキ


大好き❤
高校野球は夢に終わった。


夢は不満足から生まれる。
満ち足りた人間は夢を見ない。
フランスのモンテルーランの言葉です。


待ってたって夢は叶わないぞ。
だからこっちから掴みに行こう。


小鳥は大鳥の心を測り知ることはできない。
小さい人間には偉大な人の志なんか理解できないということだ。

志の大きさはその人間の大きさだ。
夢に向かって努力する人を馬鹿にするな。


(御子柴、学校
俺ね、向上心をもって辞めるんだよ。
でもできるならみんなと一緒に野球したかったなぁ。


手って不思議だよな。
握れば拳、ひらけばたなごころ。
たなごころっていうのは手の心って意味だ。


お前たちが勝てるって俺は信じてる。


無駄だって言ったろ。

心を閉ざしている内はな。


夢にときめけ、明日にきらめけ。


目的を持って頑張ってる人に
悪いことをしてる暇はないってことだ。


あの人が笑ってくれると
できないこともできるんじゃないかって
そう思えるんだよね。


人1人たりこれをよくすれば、
己はこれを100たびす。

人が一度するときは自分はそれを100回繰り返して努力すれば必ず向上するという意味だ。

何事も努力あるのみ!


優しくされたいなら優しくしろ!
信じて欲しいならまず自分の方から信じてみろ。
俺は俺を信じて欲しいからお前を信じるよ。


御子柴を馬鹿にする後輩)
先輩、俺らのために球拾いやってくれてたんですよ!

すきだけで上手くなれたらいいっすけどね。


すきだけで強くなれるよ!!


怒りは無謀をもって始まり、後悔でおわるbyピタゴラス。


反省は必要だが、過去に固執する必要はない。

…他メン…
阿仁屋の豪速球にホームランも
平塚の…立ち姿も俺には全部名場面だ!


ピンボールに野生本能で反応して、打つ。
平塚。


何事をするにも人の輪が大事。


お前が諦めた夢、おれに応援させてくれ。
夢に凶器はいらない。


道を切り開くのは自信と勇気だ。


川藤先生も律儀な人だ。
2ヶ月の謹慎で済んだのに、採用試験もう一度受け直すなんて。


夢は甲子園!!


あんなにも慕われる先生って素敵だなぁ。
あんなにも生徒を想ってくれる先生に
出会いたかった。
面白いし泣けるしで最高のドラマだった
まじで先が読めなくてハラハラしました
最後甲子園は行けなかったけど、
卒業編に期待します
小出恵介本当にかっこいい
小出恵介喋るたびに泣いてました
いい俳優がいっぱい出てて最高のドラマです!
大好きやった。
野球やってた頃、毎週のように観てた。
もちろん再放送も。
これと合わせて映画も好きすぎる。
『ルーキーズ』
世代ドンピシャです…懐かしすぎてもう1回観ました。やっぱり一人一人のキャラに魅力ありすぎる。あと今名前売れてる人多いなぁって印象も。1話に綾瀬はるかが出たり最後ら辺に渡部篤郎が出てたのもびっくりした。ストーリーは至極単純。熱血教師が不良たちを更生させて甲子園出場を目指すっていう。こういうのって甲子園優勝が目標じゃない時点でいかに甲子園が特別な場所なのかが分かる。安仁屋が予選で肩を痛めてでも投げたのもそうだよね。このままだと選手生命に関わる、そんなの自分でも分かってる。でも自分は今投げなくちゃいけないんだ。たとえもう二度と投げれなくなったとしても。普通に感動的だけど1番感動したのはかなり序盤の前の高校で先生が怪我を負わせてしまった生徒との再会シーンかな。ペンチで人を傷つけようとしてた彼が改心してペンチを使って働いていたのが印象的でさらに教師になる夢を見つけたと。こういうのが嬉しいんだろうな。ラストは続きそうな雰囲気だったけど結局やらなかったのかな?今度原作も読んでみたい。
これぞ王道
綺麗なプロットは見ていて爽快感があり、毎度泣かされるたびに綺麗な気持ちになります
市原隼人さんがとにかくかっこいい
ハッピーエンド。通話。
感動すぎる。
ドラマでは甲子園2試合前で終わり。
先生がまた戻ってきて映画へ。
・普通に面白かった。青春もの。友情だの先生との絆だの感動。覚えてる間は見直さなくていい系。
・キセキ大ヒットしたね。
>|