zogli

ポリティカル・アニマルズのzogliのレビュー・感想・評価

ポリティカル・アニマルズ(2012年製作のドラマ)
2.5
AmazonUSで購入したUS版DVDで鑑賞
流石に英語字幕付きでも政治用語と軍事用語が馴染みがなくて理解が追いつかなくて…それでもTJ目当てでこの数年の間に何度も観た

色々なところでも言われてるしどこかのインタビューで自分でも答えていたと思うけれど、精神的に不安定な役はセブのハマり役で、特に今作は泣いたり喚いたり困惑してたり薬に走ったりする脆くて悲しい複雑なお芝居と、落ち着いて家族といるときとか(特に今作だとおばあちゃんとのやりとりが可愛らしい)つかの間の恋愛のシーンとかの幸せで満たされてる時の演技との切り替えが自由自在でその引き出しの多さに驚く 個人的にはマーベルとかの映画作品等すべて含めてもベスト オブ セバスチャンスタンだと思ってる
(同じように「権力者の息子」かつ「抑圧された哀しいゲイ」役を演じたKingsのジャックベンジャミンの時よりもこのPAのTJの方が笑顔が多くて全体的に可愛らしいのでセブ目当ての人にはこの作品を推したい あまり笑わずバイオレンスも有りだけど常にビシッとスーツ着て髪を撫で付けてる負のセブが好みならKingsをおすすめする)

シガニーウィーヴァーの政治の世界で闘う女の強い姿勢は見ていてスカッとするものがあるし、クソエロ親父かと思ってたキアランハインズがみせる息子への愛情のシーンとかも良かったけれど、家族と政治とそれを記事にするメディア側の世界の色々な面を描こうとしててちょっと全体的にとっ散らかってたのと、まぁ打ち切り作品なのでストーリーが急展開で尻切れだったのは確かに残念

2017-2018年あたりにCSで日本語字幕版と日本語吹き替え版が放送されるチャンスがあったのでその時期だけAXNに加入して録画してまで鑑賞したけど、私も吹き替え違和感ありすぎて字幕に戻った(原語民には一人称の「僕」がもう謎だった お育ちが悪くないからあえて僕にした???)