ロアー

ポリティカル・アニマルズのロアーのレビュー・感想・評価

ポリティカル・アニマルズ(2012年製作のドラマ)
3.5
セバスタ祭23作目にしてラスト✨

この作品のセバスタは良いぞ、と聞いていたので最後にとっておきました😂

政治ドラマと聞くと拒否反応出ちゃうので身構えてたけど、どちらかというと家族のドラマだった✨(でもやっぱり政治苦手だし、国務長官の役割がさっぱり分からない😂)

偉い人(大統領/国王)の息子、双子、ゲイ、と前回の「Kings」とスペックがだいぶ被ってるセバスタ演じるTJ。しかも「Kings」で王子を苦しめた叔父さんが今回は副大統領っていうキャスティングに心穏やかでいられなかったら、直接関わらずともまたもやTJにダメージを与える役でヌォォオ‼️ってなった😫

スペックと悪役が同じでも、TJはオープンリーゲイだし、サポーティブな家族にとっても愛されてるので安心・・・できない‼️できないよ‼️ハラハラするよ‼️むちゃくちゃ危ういキャラだよ‼️💦
TJかわいいので(いつも明るかった子ども時代とかホワイトハウスのアイドルだったに違いない)、何だかママ目線で観てしまうんだけど、ドレス選んでくれるとことか、こんな息子かわいいなぁ欲しいなぁって思う反面、事件の時のママや家族の心境思うとしんどいにもほどがあるので、私には無理です受け止めきれません😂4話とか特にメインがTJの話で、色々しんどい💦
8歳から16歳までホワイトハウスで過ごして、おそらく15歳でカミングアウトして一躍世界一有名なゲイになったんじゃないかと思われるTJ。1話の出合い系?の件とかリストの件とか、有名だとそーゆーこともあるのか〜って笑ったものの「本人の意に反してのカミングアウト」ってママが言ってたし、相当辛い目にあってるようなのでしんどい💦(ところで女性の大統領とかゲイのファーストサンだとか弟の婚約者が日系とかキャラ設定に強い主張が見て取れる😂)

シガニー・ウィーバーの国務長官の存在感は流石説得力があった。セバスタや他の人と並んでるとこ見て、今更ながらもしや背が大きい?って気がついた😂ヒール履いてると画面の中で1番大きかったりするし、それでドレスとか着てるとゴッデス感がすごい🤣
病的な浮気性はともかく、元大統領のパパも気取ったところがなくてサバサバした豪快な性格で好き💕婚約パーティーの席でパパのジョークに笑うTJがSO CUTEだったし、釣りに行くシーンも好き💕(革ジャンで釣り😂)
弾けててイカしたおばあちゃんも好き💕おばあちゃんとTJ仲良いところも好き💕何回か出てくるけど、ピアノ弾くセバスタ素敵なのでありがたいです🤣
双子の弟も、兄との扱いの違いに荒れたり兄を見捨てるパターンもあり得るのに支えてくれるよい弟。弟くん、側からはできのいい方とか言われてそうだけど、要領はTJの方が良さそう😂(ところでお金の件、一瞬にしてママに見破られてるとこ笑った🤣)

ある意味予想通りの正しいルートでリークしたTJの事件だとか、最後の会話で予想できてしまった現大統領の行く末だとか、何より最後そこで終わるかい‼️ってとことか、ツッコミどころはあったものの、セバスタ的には確かに素晴らしいドラマだった💕