shun

のだめカンタービレのshunのレビュー・感想・評価

のだめカンタービレ(2006年製作のドラマ)
5.0
「のだめカンタービレ」全11話2日で観終わった!

原作は小5の時にハマって全巻読んだのと中3のときに「また読みたい!」って13巻までTSUTAYAで借りて読んだけどその後読むの忘れてたのでいくつかのエピソードが頭に残ってるぐらいです。

ドラマの方は確か10年以上前に母親が観ててそれをちょくちょく覗いてたくらいなので記憶にはほとんどなし

めちゃくちゃおもしろくて観はじめたら止まりませんでした!
学園要素も恋も笑いも音楽も感動もたくさん詰まってる。
一話46分で結構いろんなエピソードがテンポよく展開されていくからもう目を休める暇なんか無くもう次が気になってしょうがない

とにかくのだめと千秋のペアが最高なのとまわりのキャラも個性的で楽しい。
のだめのふにゃふにゃした喋りと雰囲気とプライド高い千秋、正反対に見える二人が音楽を通じて繋がり合い共鳴する。この二人のケミストリーが愛おしくてキュンキュンする
上野樹里かわいすぎるしのだめそのままだし玉木宏かっこよすぎ
特に4話のキスシーンの寝てるふりしてるとこに、、ってやつ大好き。あと6話の二人で連弾するやつ!お互いの目見つめながらやるのめっちゃよかった

時々入るチープなアニメーションやオーバーリアクション(殴られてぶっとぶとことか)も漫画の世界観が再現されてて好き

特に後半ではのだめの音楽に対する思いが描かれるけどハリセンにぶちギレて方言になるとことか10話の「十二時半楽しくピアノ弾いて何が悪いんですか?」ってセリフが印象的。
ハリセンの奥さんおもしろくて好き笑

他にも龍×清良カップルとか評論家の佐久間さんとかコンバスの桜ちゃんとかとにかくキャラが濃くてわちゃわちゃしてる感じが楽しい。

そして何より音楽ってやっぱりいいなあって思った。ドラマ11話通じて聞いたことある曲もない曲もたくさん流れて、特に主題曲なんかすごく耳に残る。普段は一人で演奏してる別々の人たちがオーケストラでひとつになって奏でる音楽って素晴らしいなと改めて思いました。

もっと早く観るべきだったしマンガも全巻もう一度ちゃんと読み直したい!どっかで手に入れないと、、
とりあえずこの勢いのまま続編突入です!