ハケンの品格 続編のドラマ情報・感想・評価 - 8ページ目

「ハケンの品格 続編」に投稿された感想・評価

yui

yuiの感想・評価

3.0
0

このレビューはネタバレを含みます

第一シーズンが大好きで何回も見返していたので楽しみにしていましたが、残念でした。コロナのせいで撮影等の都合があったのかもしれませんが、結局東海林主任とひっつくこともなく、挙げ句の果て派遣をやめて演歌歌手になって終わるとは、、、呆気に取られました…これなら続編せずにそのまま終わった方が東海林主任とのこれからを想像できて終わってよかったなぁと思ってしまいました。ただ、篠原涼子さんと大泉洋の演技は変わらず素晴らしかった。大好きです
大泉洋演じるキャラクターがいるといないとでは雲泥の差。

他のキャストには酷な作品内容💦
そこそこ魅力的なキャラクターは新登場したが、大泉洋が復活してからの爆発力は凄かった。
それに伴って、篠原涼子・小泉孝太郎の魅力もアップしていた。

大泉洋がハマり過ぎw
Guumo

Guumoの感想・評価

3.2
0
1話2話はすごく面白かったが、最後は尻窄みで終わってしまった印象。コロナの影響で無理やり話数を減らしたから仕方ない部分はあったのかもしれない。ストーリー性が崩壊してしまっていた。

変に現代問題のITなどと絡めて作っていたが、無理やり感がありすぎてあまりピンとこない部分があった。スーパーハケンも大きな活躍を見せることなく、変わった案件ばかり。これスピンオフ?と言いたいような出来。
前作から13年。
役者それぞれがいろんなキャリアを経て、再集結出来る作品というのがまず素晴らしい。
新しく登場するキャラがあまり馴染めていないのは仕方がないのかもしれない。

その中でも宮部社長演じる伊東四郎だけは、すごく馴染んでいたし、オールドスタイルの嫌な社長を演じられていた。

東海林課長を演じる大泉洋のアドリブも含め、この作品には無くてはならないキャスト。
東海林のしたことはプライバシー的にあり得ないが、それもドラマだからこそ引き込まれてしまうのは、大泉洋の力だと感じさせられた。
みやこ

みやこの感想・評価

3.5
0
【待望の続編✨】

チェーンソーで扉破壊したり、へんなプレゼンとか、むちゃくちゃなところもあったけど、あんまり細かいことを気にせず、そういうところを楽しむドラマかな🤣笑

話数がもう少し多かったら、新人ちゃんの話だったり、13年の間の話だったりが描かれたのかな~と、そこが少し残念だったけど、今回も大前さんのスーパースキルと、とっくり×くるくるパーマの掛け合いは相変わらずおもしろかったです😃✨
Snow

Snowの感想・評価

3.4
0
当時、毎週楽しく観ていたこの作品。
学生だった私も今じゃ社会人、時間の流れが怖いです😝

今作も前作の雰囲気を崩すことなく、変わらないキャスト、演技。なんでもできるスーパーハケンと懐かしい要素を組み込みながら楽しく観れました😆
こんなご時世で、少ない話数でしたが面白かったです。また続編があったら観てみたいです🙏
星

星の感想・評価

3.6
0
相変わらず、大前春子は資格いっぱい持ってるスーパー派遣だった!!

面白かったけど、コロナの影響で8話で終わり。特にストーリー性はなくて、東海林の出演も少なめ。今回は里中のターンって感じだったなあ。
過去映像が少し流れたけど、小泉孝太郎の顔が違って見えた笑

4 3 4 3 4
あすみ

あすみの感想・評価

3.5
0
普通に考えて、東海林が最低すぎる。。が拭えず終わってしまった。人のパソコン勝手に開いて厳秘見た挙句に他のメールまで見る奴に責められても🤔
しかもその事謝ってないし。。

はるこちゃんは相変わらず素敵でした
okire

okireの感想・評価

3.5
0
社員が無能に描かれすぎなのが気になるけどまあドラマなので。
個性的なキャラクターがたくさんいて楽しめた。
続編あるといいな。
しかし時間の流れは凄まじいな…あっという間。
なお

なおの感想・評価

3.4
0
前作を観ていて、面白かったので今回の続編も鑑賞。

13年ぶりともあって、当時学生だった自分も社会人になり、なんだか色々と目線が変わってしまったなというのが大きな発見であり、それがドラマの印象の変化にもつながった気がする。
前作は単純に面白い!という感じで観ていたけど、今作は派遣とか正社員とか、働き方とか、単純な面白さだけではなく、現実的なものが付いて回ってきた感じがする。実際こうではないだろう、こうはいかないだろうという納得できない部分が多少なりともあったかも。

前作に比べて、春子のキャラがもっと振り切った感じになっていたように見えたのは気のせい…?
小泉孝太郎は相変わらず爽やかで好き。吉谷彩子はこれからさらにどんどんドラマ出てくるだろうなと感じた。