ビターチョコ

結婚できない男のビターチョコのレビュー・感想・評価

結婚できない男(2006年製作のドラマ)
5.0
桑野は偏屈な建築家。
だがけっこう著名な建築家。
長身で独身の中年男(40歳)。
個人事務所には部下が一人いる。
自宅に帰ると誰もいない(他人を入れない主義)。

都内の高級マンション(鉄筋の集合住宅)に一人で住む彼は部屋に物を置かない主義で、趣味はクラシックを聴きながら指揮をすること。それとDVDで映画を観ること(海外ドラマも?)。

隣の部屋にOLが一人で住んでいる(おじが海外出張中で借りてるだけ)。桑野の腹痛がきっかけで親しくなる。ふつうのOLで、彼氏と別れたばかりで彼氏募集中。日本のふつうのOLだから当然、ふつうに無神経で性格が悪く、男性に頼る性格のくせに(男性に)文句ばかりいう。だけど(繰り返すが)ごくふつうの若い女性。20代半ばか?

桑野はなぜか病院に毎度行く。
美人の女医とのやりとりが楽しい。
くち喧嘩ばかりの恋愛(?)が面白い。

もうひとつの舞台が近所の家。親友の医者は、妹の夫でもある。そこに母親(桑野の実母)が毎度遊びに来ていて、桑野の悪口を言う(女医との結婚を望んでる)。

登場人物は上記以外に、建築のエージェントの女性が一人。桑野の部下の彼女もそこに勤務している。
そんなふうにこのドラマの登場人物は「平凡な人ばかり」で、特殊能力者が一人いない。
と思ったら金田がいた(笑)。桑野と同じ建築家でホームページがあるが、いつも予定ばかりで実績がない。裕福らしく、いつも違う女性とデートしている。お洒落で社交的で喧嘩も強そう。高級外車に乗り、いつも徒歩の桑野とは真逆だ。といってもやっぱり彼も平凡な男で、特殊能力者じゃない(たぶん続編には出ないだろう、役者が引退したから)。

まとめよう。
桑野は長身で格好良く、設計の事務所をかまえる立派な男性である。だが偏屈でコミュニケーション能力がない(酷い)。「爽やかな笑顔」が一瞬もできないタイプ。仕事に強いこだわりを持ち、設計の評判はとてもいいようだ。こだわりは全てのことにあるようで、何にでも一家言ある(パスタやお好み焼きの焼き方についても)。

さて、このドラマにはモノローグもナレーションもない。桑野の平凡な日常、桑野主観のディテールを楽しむドラマ。
細部が笑えるのだ。
桑野が可愛いのだ。
そんなふうに中年男の桑野が可愛いと思えるなら、もうこのドラマのとりこになっている(私がそうだ)。
何度観ても面白い。楽しい!
桑野は真面目で頑固で偏屈だが、実はとても優しい男なのである。不器用だから勘違いされることが多いし、他人をとても不愉快にさせることが多いが、周りの親しい人たちはそれを理解している。だから彼はドラマの中心人物としてふさわしいのである。