cherry

アンフェアのcherryのレビュー・感想・評価

アンフェア(2006年製作のドラマ)
4.8
刑事ドラマで好きな作品はいくつもあるけど今作もその中の一つ。何度も観ているドラマ。
篠原涼子演じる雪平がめちゃくちゃかっこいい!!!いつも冷静で、それを裏切らないような身のこなし。無理に演じているような感じがしなくて、彼女にとても似合っていた。

展開の速さがすごく良いし、背景で流れる音楽も内容を支えるような重厚感があって、ビシッと決まるのが最高。あとは、雪平の携帯音がすごい印象的笑

タイトルであるアンフェア。一話から早速、捜査一課係長の小久保を演じた阿部サダヲが「お前のやり方はアンフェアなんだよ」と雪平にきつく言うシーンがあるけどこの言葉は作中に出てくることは少ないものの、ずっと物語の中心であり続ける。「アンフェアなのは誰か」というテーマを最終回までずっと追い続けている。

毎回、「世の中にはフェアな事なんて何もない。目には目を、復讐には復讐を、アンフェアにはアンフェアを」という言葉がタイトルの映る場面で流れるけど、その言葉を言っている人物が違うのも面白い。ストーリーに沿った人物が話していることで、ぞっとするような怖さがあった。

映画で完結してしまったのは悲しいから、またどこかでやってほしい。まだまだ観たいと思えるドラマ。