mskywalker

ゴシップガール<ファイナル・シーズン>のmskywalkerのレビュー・感想・評価

4.9
S1〜S6鑑賞
マンハッタンセレブの常識が通用しない非日常的な世界に自らの実力で仲間入りし見事成功をおさめる孤独な僕ダン・ハンフリーの物語。

基本的にはセレブの破茶滅茶な恋愛模様をサスペンスも含め物語は描かれていくので最初は純粋にそれを楽しんでいました。

しかし、よくよく考えるとセレブのゴシップ記事投稿サイトになぜ一般庶民のダンやジェニーのことまで書かれるんだ?と疑問に思い始めたら………ゴシップガールの正体は薄々コイツだろってなるので、そこから見方が変わっていきます。
ダンはいわば私たちと似た存在であり、違和感だらけのセレブの生活の中で唯一安心できる存在。その純粋さがゴシップガールによって失われていく様も見ていてリアルです。
最終的にダンはセリーナの行き過ぎたストーカーとしか思えないのになぜか優遇されるのでその点だけは無理矢理ハッピーエンドにしちゃったなってかんじです。

とはいえセリーナ自身も満足しているみたいだし、遠回りに遠回りを重ねたあのブレアとチャックもゴールインを果たし、女運が地の底のネイトも仕事運はバッチリみたいだし晴れてみんな幸せになってくれたので最後はこちらも幸せな気分になったドラマでした。

最後の最後のxoxoゴシップガールのコールが名残り惜しいぐらいに終わった後は寂しい気持ちになったので、劇中の登場人物たち同様、ムカつくけど憎めないゴシップガールにわたしも魅了されてたみたいです。