prm

宇宙を駆けるよだかのprmのレビュー・感想・評価

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)
-
面白かった。原作もドラマも一気に観た。重岡の演技も顔も好きなので加賀くん本当にずるい。良い役すぎる。また重岡は本当に良い演技をするなぁ…。そして主演の女の子2人の演技も凄く良かった。清原伽耶ちゃんは正統派しか向かないと思ってたけど、暗い役も上手かったし、富田望生ちゃんも回を増すごとにどんどん可愛く見えた。イケメン2人に美女1人が性格まで美しくて見た目が変わっても相手を想えるなんて信じ難かったけど、劣等感や嫉妬に駆られる心情はリアルだった。累と比べるとそんなにドロドロじゃないかな〜 丁度いいボリュームだった。