みどり

宇宙を駆けるよだかのみどりのネタバレレビュー・内容・結末

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

前からちょいちょい広告に出てくる漫画が、ドラマになってNetflixで配信されていたので視聴。

観始めたら止まらず、6話という丁度良い話数だったので一気に観ましたがもーとっても面白かった。

入れ替わりという今ではありきたりだけど演じるのはすごく難しそうなテーマなのに、違和感なく自然に観れた。

この作品はお話の面白さもあるし、キャストさんの演技力の高さが素晴らしい!!後火賀がいい男すぎる。

ただ、あんな生々しい飛び降りシーンは要らないな...そこは見えない様にカットするなりなんなりして欲しかったな...。
それとあゆみのお母さん!!お母さんなら違和感とか何かしら気付いて欲しかったな。

世の中は顔か、中身かって繰り返されるけど、私は世の中顔だと思ってる。
相手を判断する基準で見た目が占めるのは仕方がない。
何しろ世間はブスに冷たい!
現実だったらきっと望み通りになれるのは入れ替わった然子かな。

どちらかというと私は然子に感情移入して観てしまったし、何もかも持っているあゆみになりたかった然子の気持ちがよく分かる。

でもこの世界の登場人物達は見た目よりも中身を見てくれる素敵な人たちだし(人格者ばかり)何よりあゆみが良い子で、幼なじみの2人も優しくて思いやりのある理想的な人間だった。だからこそ然子の考えは幸せになれなかった。

被害者である3人は可哀想だとは思うけど、今回の入れ替わりがあったことで、見た目に固執し、全て環境のせいにして、自分の世界を変えられなかった然子が少しは変われて良かった。ともかく救いがあって、ハッピーエンドだったから最高!!

少女マンガに出てくるライバルはみんな当て馬になるシチュエーション嫌いすぎるので火賀が報われて欲しいです。切 実 に

火賀良いやつすぎるよ!!!1番かっこいいよ!!!!大好きだ!!!!!!誰よりも幸せになってくれ!!!!!!