ふもふも

宇宙を駆けるよだかのふもふものネタバレレビュー・内容・結末

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

細かい気になるところはあったけど、話の内容といい、キャスティングといい、文句がない!
たしかに自分がオタクじゃなかったから見てなかったかもしれないけど、オタクじゃなかったら見てたほうかいいよって自分に言うと思う。

しろちゃんは本当はあゆみちゃんのこと好きじゃなかったんだって途中ものすごく悲しかったけど、それがしろちゃんの作戦だったってわかってすごく安心したし、「馬鹿だな」も本当にその意味で言ったんじゃないってのもわかって良かった。結局火賀くんは当て馬で終わってしまったけど、真っ直ぐなところ、鑑賞者の心には深く響いてると思う。

個人的に、クレジットはヒロイン2人が先に来るべきだと思った。2人の演技が圧巻だったから。海根さんが入ってる時のかやちゃん、あゆみちゃんの時と比べて本当にびっくりするぐらい醜かった。あゆみちゃんが入ってる時のみうちゃん、最初の方肌荒れがあって、多分役でメイクしなかったんだろうけどそれが後半に連れてなくなっていくのがよかったなぁ。メイクかもしれないけど。

最終話の、かみしげが海根とあゆみ役で、かやみうが火賀としろ役の時のそれぞれの演技がめちゃくちゃツボ!!!!!!!

ダイスキ!!!