さゆりんご

宇宙を駆けるよだかのさゆりんごのレビュー・感想・評価

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)
3.8
「大変でしょ、わたしの体」

孤独な毎日に耐えきれず、赤月のまじないで清原果那の体に入れ替わった富田望生。よくある入れ替わりコメディでなく、配信限定だからか闇な描写も容赦ない。だからこそ富田望生と清原果那の演技がバチバチしていて、2人の迫力ある演技を見てるだけでたのしい。

ブス役の富田望生は、じっさいはブスじゃないし可愛らしいと思うんだけど、ブスの演技が上手いな。カガもナイス脱力&存在感だけど、あまりにナイスガイすぎるかも。想像してた筋書きとちがっていて、なかなかに脚本が練り込まれている、ライアーゲームも手掛けていたと知って、なんだか納得。

関めぐみの介入が唐突かなと思ったけど、案内役としては不可欠。設定で強引なとこもあるけど、けっこう引き込まれて一気見してしまいました。