kiki

宇宙を駆けるよだかのkikiのレビュー・感想・評価

宇宙を駆けるよだか(2018年製作のドラマ)
-
1日で完走、共感すぎて心が死んだ
見た目はただの入れ物なの、いくら見た目が良くたって全部わかったふりして真っ向から全否定するならいつまでも幸せになれない。可愛いと得する事はたくさんある、だけど可愛いがすべてじゃない。出口のない暗闇の中で苦しんでるとき、たった一筋の光でも刺してきたら世界は変わるの。環境のせいにして勝手に自分で作り上げてきた地獄の温室から早く抜け出さないと。周りの人たちだってそんな酷い人ばかりじゃない、受け入れて愛に触れてみないと意味がない。綺麗事ばっかって思ってもちゃんと愛し愛されるの。今の自分と重なりすぎてて死にました。今まで探していたものが見つかった気がする