宇宙を駆けるよだかのネタバレ・内容・結末 - 2ページ目

宇宙を駆けるよだか2018年製作のドラマ)

公開日:2018年08月01日

製作国:

4.1

あらすじ

「宇宙を駆けるよだか」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主題歌こんなポップでええんか!ってなる重さで始まる。
ハピエンで良かった…あのままじゃ耐えられん。涙

清原果耶は演技絶賛されてるけど良い子役しか見たことなかった。このドラマで嫌なコンプまみれ女子を演じて、うまさがわかった。
冨田望生は案の定うまい。てか2人入り混じってすごいわ。

いろんな入れ替わりがあるので、出演した子らは芝居の良い勉強になっただろうなと思ったw
思わず朝5:30まで一気見してしまった、、、
明日仕事なのにどうしてくれんのよ火賀くん、、、
大好きなんですが火賀くん、、、
面白かった
不細工な方の生きてきた環境が違うからっていう言い分はとても良くわかる
幸せお花畑の人からの説得を簡単には納得できず、でも徐々に頑張ろとするラストが、繊細で好きな終わり方だった
漫画だからフィクション感、ファンタジー感はあるけど、全体的に丁寧だったと思う
出演者目当てで見たけど、とても良かった!演技が素晴らしい。また見返したいと思う作品。火賀くんの泣きながら笑ってるシーンがとても切なかった。どうか幸せになってください。
美と醜について。

海根さんが荒んでもしょうがないと思う。
彼女は愛されなかったのだから。あんなせいかつおくってきたら、性格が歪んでしまう。だから美しい容姿を手に入れても幸せになれなかったんだろう。

一方であゆみは中身が明るいから、火賀が助けてくれたから、なんとか醜な容姿でも明るく生活できたのではないだろうか。それでも最初は容姿で差別されることに苦しんでいた。それはきっとその事で苦しんだことがなかったからだろう。親からの不当な扱いもされた事なかったわけで。
しげえぇぇぇ!って毎回なってた
神ちゃんも火賀役(関西弁)になった途端めちゃめちゃナチュラルな演技になった笑
女の子2人の演技もまじでうまいし好き

人とインコがかわったってあたりからなんでやねん!!ってツッコミ入れたくなるところ多かった笑
全話一気見。俳優 重岡大毅の演技が好き がきっかけだったのだけど、
火賀くん、、も物凄くしんどい。いつもキラキラしててそれでいてまっすぐなええ奴、優しいから気持ちを抑えてしまいがちで結局両思いにはなれない男の子って少女漫画を外野から見てきた側の私ら女子、大体好きでしょ。知ってるもん、頑張ってるところ。役が合っているのかそのものなのかもはや分からない。
そして入れ替わりという難しい役どころを若い女優さん二人が見事に演じていて本当に見入ってしまいました。
後に二人とも朝ドラに出演されてたけど、もっともっと感情剥き出しにする役をしてほしい。

外見問題。
恵まれた容姿や環境かそうでないかで性格が大きく変わるのはしょうがないと思う...。自己肯定感って学校生活で周りから植え付けれるか削ぎ落とされるかのどっちか。終始感情移入して辛かったです。
ただ言えるのは、自分なんて...と塞ぎ込んでいるだけだと人は自然と離れてしまう。声をかけてくれたシロちゃんでさえも自分が手離してしまっているわけで。
あゆみが入った然子は本当に可愛かった。

人は外見じゃない中身だ、というのは綺麗事でしかないし、誰しもコンプレックスが有ると言えど美人が挙げるそれのちっぽけさにそれがどうした?こっちはな〜って今でも思う事もあるけど結局自分の人生を代わりに生きてくれる人はいないし自分を認めてあげられるように努力して生きていくしかないんだなぁと。


大人になってから思うと学校ってほんの小さいコミュニティでしかないので火賀くんみたいな同級生がいなくても望みは捨てないで欲しいなという気持ち。
最初の方は面白かったんだけどなぁ、
どんどん感情表現によって
顔が歪んでいくキャストさん達の表情
けっこうリアルで好きです。
特に中身が海音善子のあゆみちゃん

でももうちょっと可愛い子使って欲しかったな
重岡大毅が主人公の失恋物語、標準語下手くそでしたがこれはファンになる
優しい関西弁は強い…
突っ込みどころ多いけどみんな演技好きやったし全員可愛らしい…
火賀…報われろ…

火賀役の人、いつも火賀役やってない?(?)