lemmon

黒井戸殺しのlemmonのレビュー・感想・評価

黒井戸殺し(2018年製作のドラマ)
3.4
原作の力は強い。
「アクロイド殺し」はおったまげた作品で、数あるクリスティー作品の中でも好き嫌い抜きで鮮明に記憶に残っている。


三谷版「オリエント急行殺人事件」にめちゃくちゃハマったので本作も楽しみにしていたが、当時何故か見逃していて、ようやく観ることができた😊。

「オリエント急行」は2夜に分けて、前編はミステリーを、三谷版ポワロを使ってユーモアは入れつつもぐっと抑えていてサスペンスとしても緊張感があり、素晴らしかった。

恐らく三谷さんがやりたかったのは後編で、裏話をやり過ぎのユーモア交えていたが、個人的には絶妙なバランス感覚だったので、ニヤニヤしながら楽しんだ😆。


本作は本編のユーモア度が高く、サスペンス性の部分がやや軽い。でも、しゃーない。
後半にグッとドラマ性を増すが、自分としては時すでに遅し。あまり感動できず。
ただ洋ちゃんの演技の幅には感服😆。


藤井隆、秋元才加あたりは演技しているところをあまり観たことがなかったが、ハマっていて驚いた。余姐さんはさすがです🙇‍♂️。
草刈さんはもう例の映画の個人的な悪夢から(ごめんなさい、ほんと苦手で😓)出てきたときどうしようかと思ったが、以外にも良かったぞ🤔。



三谷幸喜は「王様のレストラン」「古畑任三郎」がやっぱ好きだなあ。
映画は最初はファンで追いかけたが、全部ダメだった。。。最近のは観てないがどうなんだろうか。