hazama

ウォーキング・デッドのhazamaのレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド(2010年製作のドラマ)
4.8
人間性を失うのは簡単だ、しかし人間性を取り戻すのは難しい、なぜなら人間性を失った瞬間から、人間的な考え方を失い元に戻る方法が分からなくなる。誰かに導かれるまでは。

噛まれれば終わりという極限状態で、どこまで人間らしい生活を送るかという問題テーマを最初から最後まで問いている。リックを中心に描いているが、リック以外のキャラクターも個性的に描かれている。
ドラマの中で殆ど変異前の世界の話である、過去の話をしないがそれでも個々のキャラを描けているのは素晴らしい