にしかど

ウォーキング・デッドのにしかどのレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド(2010年製作のドラマ)
4.4
いつゾンビが現れてもいいよう、シーズン4までを参考にして考えました

【朝目覚めたら街がゾンビだらけだったときにやるべきことリスト】
1. 武器を見つける
⇒自分の身は自分で守る
2.信頼できる仲間をみつける
⇒1人では複数のゾンビに対抗できない
3. 車を確保する
⇒安全な場所への移動、物資確保のための移動手段
4. 生活物資を確保
⇒物資は早い者勝ちのため、すぐに確保する
---ここまで初動12時間以内---
5. 川沿に拠点をつくる
⇒川を背にすることで後ろから襲われるリスクをへらす
また、生活用水を確保する
人口の多い街はゾンビがたくさんいると思われるため、街から離れた川を拠点にする
6. 信頼できる仲間を増やす(10人前後)
⇒狩り、物資調達等の役割分担をする
ゾンビ発生から時間が経てば経つほど人他人を信頼できなくなるため仲間づくりは早期に実施
機動力確保のため、この段階では人数を増やしすぎない
この時仲間に優秀なリーダーが居なければ死亡確定
---ここまで1週間以内---
7. ひとつの場所に留まらない
⇒ひとつの場所に留まるとそこにゾンビが集まる
また、他の人間に見つかり襲われるリスクが高まる
8. ゾンビや人間を防ぐ地形と生活のための水、土地が確保された場所を探す
⇒移動生活は飢えと敵のリスクが高いため、安全で食料を育てられる土地に定住する
9. 仲間を増やし、組織を大きくする
⇒農耕や防衛、建築のための労働力を集める
10. 規則をつくる
⇒数十人のグループはルールなしでは成り立たない
11. 人と家畜の住む場所を分ける
⇒人と動物が一緒に住めば疫病のリスクが高まる

以降、1部のリーダーによる独裁から人が増えるのに合わせて徐々に民主主義へ移行