ueno

ウォーキング・デッド2のuenoのネタバレレビュー・内容・結末

ウォーキング・デッド2(2011年製作のドラマ)
-

このレビューはネタバレを含みます

シェーン好きだったのにな。
壊れた世界の中でみんなの命を守りながら、なおかつ正義を貫こうとするリックの精神的重圧は計り知れないけれど、そんなリックに対等な目線で残酷ではあるけれど合理的な判断を提案できるシェーンの存在意義は大きかったと思う。もう少しでお互いが再び歩み寄れそうな兆しもあっただけに残念。
個人的にはリックがシェーンを一方的に思い通りにさせようとしてたようにも見えて、最終話の”This isn’t a democracy anymore.”は残当というか。これからどうなるか、不安な気持ちしかないな。