Kenta

ウォーキング・デッド2のKentaのレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド2(2011年製作のドラマ)
4.7
CDCの出来事から逃げ出し、次の目的地、フォートベニング基地へ向かう。だが、向かっている途中、大量の車が行く手を阻み、おまけに車も故障し、身動きが取れなくなってしまう。
仕方がなくそこを拠点とし、物資調達等始める一行。しかし、そこにウォーカーの群れが。数も多いため、殺さず過ぎるのを待つことに。だが、過ぎたと思ったその時、ソフィアがウォーカーに見つかり、咄嗟の判断で森へ逃げ込んでしまう。リックはそれを追いかけるが、ソフィアは行方不明に…。
翌日もソフィアを探すのだが、そんな最中、カールにも悲劇が訪れる…。

中だるみすることなく観れちゃったシーズン2。
舞台のほとんどはハーシェルの率いる農場。別れも多ければ出会いも多いシーズンだった。

倉庫にウォーカーを溜めるという気の狂い様。だけど、医師としてあれを人間じゃないと見過ごすことはできないのかもしれない。全ては処置ができるという世の中で生きていたのに、これは治せないからすぐに殺すなんて判断は確かに出来ないと思う。側から見てたら正気の沙汰じゃないが、自分だったら、同じ選択を最初はするかもしれない。

リック率いるグループの内部抗争を段々と激しくなってきた。結局、ゾンビより怖いのは人間。そんなことは、映画を観ていれば重々承知済みのことである。自由の利かない世の中での人間の悪いところが少しずつ露わになってきており、見応えがあった。

ダリルはやっぱりかっこいい…!ノーマン・リーダスが慕われる意味も分かる。そして、ソフィアの発見のされ方がまさかすぎてショック…。正直、存在を忘れかけて頭の片隅にあったくらいの時に突然現れたものだから、そこにいたのかと…。
その他にも、リックやグレンやシェーンもとてもいいキャラをしていると思う。