ウォーキング・デッド2のネタバレ・内容・結末 - 4ページ目

「ウォーキング・デッド2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

始まりから終わりまでずっとケンカしてるからイライラするけど衝撃展開が節々にあって飽きない笑
メインキャストばんばん死ぬやん、、デール悲しい、、。ソフィアの時は思いっきり嘘だろって?!‥って言った、トラウマもの。
グレンのヤンキーだけど実はめちゃいいやつ感が拭えない生きてくれ笑
グレンは好青年、素直だしびびり勇気マン。
だいだいケンカの内容、男女のいざこざか誰かしらが勝手な行動して周りが情緒不安定になるパターンがおおい。
てか警戒するわりに1人で動くやつ多いし(特にローリー)、撃ったら背後みろし、感情で動くな頭で動けよ!!ってなる。まぁツッコミ所たくさんあるから面白い、あとリアクション力身につく。
シーズン2はゾンビに襲われるひやひやより、人間関係の気だるさが露骨にでてて重めな内容だけど、ためにためたイライラは13話で若干浄化された気がする。
シェーン可哀想でヤバイやつなんだけど、このままだとリックもシェーンみたいな憎悪人間になりそう。親友同士でやめてくれって思った。

結果、人が怖いにおちつく。味方は敵に気づけば自身が敵に、灯台もと暗しとはこのことって感じ。
デールが死ぬという衝撃。泣いた。

シェーンがどこまでも悪い奴で笑えてくる。
リックがシェーン殺してから、シェーンみたいになったのはまじしんどい。
リックの妻が、シェーン殺したって聞いてから態度悪なったの意味わからん。シェーンに対しての態度もひどかったし。色々不思議に思うとこがある。あなたは何なんですか?って感じ。

グレンの愛してるにはときめいた。

ダリルがひたすらかわいいね!

どろどろ関係しんどいね
その尊大な態度で視聴者に総スカンを食らっているリックの妻、ローリのファムファタールぶりが見事。あんだけセックスしときながらシェーンがどれぐらい危険な人物か夫リックの耳元でささやきリックの目がだんだん座ってくるシーンが怖さマックスなのでアンチローリ勢はこのシーンを繰り返しみるといい。そしてこの女、いざリックがシェーンを殺してしまうと今度はリックを責めるのだった。どんだけ自分に自信があるのか。不倫妊婦がこのゾンビだらけの世界で人類最強であるという面白さ。
グレンとマギー、シェーンとアンドレアの2組も吊り橋効果はわからんでもないがいつゾンビに襲われるかわからんのに野外でよくパンツ下ろせるなって(笑)
1番セックス三昧やりそうなダリルが処女のごとき恥じらいを漂わせていて、これからキャロルとどうなるのか固唾を飲んで見守っている。
ソフィア、デール、シェーン
デールの死はほんと皮肉なもんだったなぁ、、1番悲しかった
シェーンもまさかこんなすぐ死ぬとは思わなかった 笑 高校時代から、もしかしたらもっと前から親友の仲なのにあんななるもんなんだなぁ リックはもう誰も信用できなくなっちゃうのかなぁって思わされた

リックも最初正義感溢れるいい奴やったのにどんどん冷たい感じになってって悲しい
最終話の最後のシーンみんなのリックを見つめる目が怖かった

妹を失ってからアンドレアがどんどん強くなってってかっこいいし、生き延びて欲しいな
ベスに自殺促したのひどい、ってレビューを見かけたけどそれはベスに生きてほしいからやったわけでしょ
そうしなかったらベスは生きている間中死にたい、って思い続けた訳だし、アンドレアも同じ経験をした身としてその行動を起こしたんだからいいじゃん、って
まぁリスクがあったのは否めないけどね


最初の方、ダリルが一生懸命ソフィア探してたのほんと良かった、、、1番推す
でもキャロルが少し諦め気味になったからってstupid bitchは言い過ぎだろおい爆笑
ダメだこりゃ。

先が気になって仕方ない。

普通に1日潰れます。
シェーン好きだったのにな。
壊れた世界の中でみんなの命を守りながら、なおかつ正義を貫こうとするリックの精神的重圧は計り知れないけれど、そんなリックに対等な目線で残酷ではあるけれど合理的な判断を提案できるシェーンの存在意義は大きかったと思う。もう少しでお互いが再び歩み寄れそうな兆しもあっただけに残念。
個人的にはリックがシェーンを一方的に思い通りにさせようとしてたようにも見えて、最終話の”This isn’t a democracy anymore.”は残当というか。これからどうなるか、不安な気持ちしかないな。
人間関係、考え方、やり方の相違...。
めんどくさいですね...。
ソフィア探しに関してはダリルが本当に力を尽くしていて感動するし、めちゃめちゃいいやつ...。
ウォーカー耳の首飾りネタがじわじわ面白い。
グレン「見ろよ!耳を首飾りにしてる(ドン引き」
シェーン「(ソフィアが)ウォーカーの耳を首飾りにしてるお前を見つけても逃げ出す!」
などなどみんなからドンびかれてておもしろかった...。
それでもダリルキャンプゾーンにはリスの隣に首飾りも干してあるしwww

ソフィアが納屋の奥から出てきたシーンは心が痛んだ...。

結果的にはシェーンにはリーダーの素質・決定的な核の部分がなかったわけだけど、概ね考え方というか咄嗟の判断はリックよりもシェーンの方が現実的で支持できるなぁと思ってました。オーティスへの仕打ちは酷かったけどカールを絶対に助けたいという気持ちからだと考えればそんなに責められないなと。
ランダル連れて帰ってきちゃうリック、マジで理解できなかった。

だからこそローリの態度や発言がめちゃめちゃむかついた。
人を責めたりするのは得意でもきちんと感謝を伝えることができない残念さ。
自分が守られていることをしっかり自覚しろ、目覚ませってずっとイラつきました。

ハーシェルもウォーカーを納屋に閉じ込める思想は理解できなかったけど、改心(?)というか目を覚ましてからは考え方的に支持。

最終話でみんなが合流できたシーンは胸熱でした。

シェーンリックローリの泥泥話で終始した感が否めないので評価は低めに...。
いじけた感じの人がだんだん減ってきて各人の行動原理が明確になり、ソフィアとの再会あたりから少し面白くなってきました
相変わらずゾンビが攻めて来るタイミングは脚本の都合感あり
最後のあの銃声一つであれだけ集まってくるなら最初のカールが撃たれた時点で終わっていたのでは…?
人間関係つら。
センターで束の間の休息だった。
久しぶりのシャワー浴びる時のヒャッハー感がうまい。こっちまで爽快感。
今シーズンもも色々衝撃が凄かったけどとりあえずカールがすごく成長していくのが印象的

シェーンは殺されても仕方なかったのかもしれないけど、シェーン自身も分かっててやったのかなーって思う