Same

ウォーキング・デッド3のSameのレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド3(2012年製作のドラマ)
3.5
日本刀を手にウォーカーの頭を豆腐を切るが如くスパスパ切り裂く、女剣士ミショーンや、失った右手にナイフを装着し帰ってきたメルルなど、急にマンガみたいなキャラクター達が登場するシーズン3、ウォーカーの群れに襲われ農場を捨てることになったリック達は新たな住みかとして刑務所に居を構えます。

前シーズン終わりから心が荒みきったリック一行でしたが、シーズン3はこの荒廃した世紀末世界で如何に人間らしく生きていくかを見つけ出すまでを描いています。
まあ、ずっとみんなを率いてきて、ある事件で壊れてしまったリックの再生物語とも言えるかな。

今作で初めてあからさまな悪人である総督が登場。この人もある事件以降マンガみたいな感じになっていきます笑
嘘つきまくりで残忍な悪人なので、リアリティが皆無なキャラクターなのですが、要するに相容れない相手の象徴として登場しているように感じます。
戦時中の敵国なんて、このように見えるんだろうね。何を考えているのかわからない残忍な敵として。扇動する人間の言葉って恐ろしい。

シーズン3はマンガみたいなキャラに加え、アンドレア最強か⁉︎と思えるほどアンドレアが強くなってたり笑、他のキャラも軒並み戦闘力が上がっていて、ウォーカー撃退はもはや虫けらを切り刻むようにサックサク笑
そういう見た目の派手な戦闘描写と比べ、ストーリーは同じ場所を行ったり来たりが多くなり若干退屈もしますが、概ね重厚でシリーズで1番ストーリーは面白かったかな。

個人的にはもう少しウォーカー絡みのハラハラが見たいので、今後も人間同士の抗争ばかり続くのならしんどくなってくるかもです。