メイプルわっふる

ウォーキング・デッド8のメイプルわっふるのレビュー・感想・評価

ウォーキング・デッド8(2017年製作のドラマ)
3.0
#1~8 視聴 2017.10. FOX

最初のインパクトは凄かったのに、前半シリーズ(1~8話)ぜんぜん話進まない
毎回最新話を待って待ってようやく視聴してみれば変化なし
後編シリーズ前に冷めてしまった
シーズン8はイッキ見を推奨


第1話 全面戦争(Mercy )
ニーガン率いる救世主と戦うためアレクサンドリア、ヒルトップ、王国の人々が集結した。人を利用し奪い殺す者を葬るために共に手を取ろうと誓い、これを最後の戦いとするために皆が決死の覚悟で参加し作戦を開始する。ニーガンは必ず自分で殺すと宣言し聖域の前に陣取ったリックは、ニーガンとその腹心たちに、今すぐ投降すれば命は助けると呼びかけるが投降する者はなく、リックのカウントダウンを合図に戦いの火蓋が切られる。
第2話 予期せぬ再会(The Damned )
アーロン率いるアレクサンドリア組、ジーザス率いるヒルトップとタラ・モーガンの混合チーム、エゼキエル率いる王国の人々とキャロルはそれぞれ、救世主の基地に奇襲をかける。アーロンたちは基地の外周を囲み銃撃するが中へ侵攻せず、救世主たちは恐れているからだと高をくくるが、狙いは別にあった。リックとダリルはドワイトのメモに従い、銃器が保管されているというオフィスビルへ潜入するが、なかなか銃器が見つからず…
第3話 歪んだ正義(Monsters)
銃器を捜し救世主の基地に侵入したリックは男に銃を向けられる。その男モラレスは終末の世界になった当初、リックと行動を共にしていた仲間で、家族と共に別の場所へ向かった男だったが、今は救世主の1人になっていた。キャロルとエゼキエルら王国の一行は綿密に計画を立てて救世主を次々に殺していく。ジーザスは投降した救世主の命を助けヒルトップに連れていこうとするが、モーガンは納得がいかず全員を抹殺しようとする。
第4話 王への忠誠(Some Guy )
エゼキエルたち王国の部隊は救世主の基地に奇襲をかけ、一度は一掃したかと思われたが建物から機関銃で攻撃を受けてしまう。リックとダリルたちが探していた銃器はこの基地にあったのだ。王国の人々の死体が散乱する中、王を守ろうとして覆いかぶさった者たちの山からエゼキエルがはい出る。ぼう然とするエゼキエルの目の前で仲間たちは動き始め次々とウォーカーとなっていくが、彼は脚に銃弾を受けており歩くことが出来ない。
第5話 懺悔(The Big Scary U )
ウォーカーの大群に囲まれニーガンと2人きりで閉じ込められたゲイブリエルはグレゴリーを助けようとして裏切られその状態に陥ったが、自分の行動には何か理由があるのではないかと考え、それはニーガンと2人きりになるためだったのかもしれないと、彼に懺悔をするよう話しかける。一方、ニーガンを欠いたサイモンら幹部グループは、お互いを探り合っているうちに電力や物資が不足していき、憤った労働者たちから責めたてられる。
第6話 分かれ道(The King, The Widow and Rick )
救世主との戦いの第一段階を終え、それぞれの町にいったん戻ってきた。だが一刻も早く決着をつけたいダリルとタラは再び聖域へ向かう。戦いに参加していないミショーンは聖域の状況が気が気ではなくロジータと共に向かい、その道中で怪しげなオペラが流れる建物を見つける。ヒルトップでは連れてきた救世主の捕虜を巡り、マギーとジーザスの意見が食い違う。リックはただ一人、清掃人に再度取引を持ちかけにゴミ山へ乗り込む。
第7話 心の葛藤(Time for After )
清掃人に捕らわれたリックはボスのジェイディスを説得するが、彼女は聞く耳を持たない。聖域ではドワイトの裏切りに気づいたユージーンが、裏切り行為をやめれば黙っていると諭すが、何もせず身を引けと言い返される。さらに、感染症に苦しむゲイブリエルからは正しいことをしろと言われ、ニーガンからはすばらしい奴だと期待され、そのはざまで葛藤する。ダリルとタラは、もう待つことが出来ないと、予定にない攻撃を実行する。
第8話 暗夜の口笛(How It’s gotta be )
清掃人の協力を取りつけ共に聖域に向かったリックだが、建物を包囲していたウォーカーの大群は一掃され救世主たちが脱出したことを知る。さらに銃撃され撤退を余儀なくされる。救世主の部隊はそれぞれアレクサンドリア、王国、ヒルトップへ行き反撃に出ていた。ニーガンがアレクサンドリアに現れ、誰か1人を殺すと言うと、カールが自分を殺すように名乗り出る。その頃、アーロンとイーニッドはオーシャンサイドに向かっていた。