リオ

ウォーキング・デッド シーズン9のリオのレビュー・感想・評価

4.0
さあ〜〜シーズン9みおわりましたよ
まず噂には聞いてたけど途中でリックいなくなっちゃった!あんなにこだわってた橋を爆破して!、でもなんか、ミショーンとダリル以外悲しんでなさすぎでは?wwみんな生きてると信じてるからかな…グラディスとヘリのくだりはいつ見れることになるのやら、、
そんでわたしは気づいたよ、モーガンとドワイトがいないことに!さらっと消えたな!ドワイトはシェリーとともに、いつか戻ってきてくれよぉ〜モーガンはゴミ山に住んでたからグラディス絡みないかな?と期待…
ロジータとユージーンが囁く者たちに最初に遭遇したときのシーン怖すぎて、やっぱ自我があるゾンビって超怖いなっておもた(笑)どっちかていうとゾンビ進化した!っていう展開の方がゾワゾワしてよかったと思う(笑)結局ひとかーい!てなったし、ゾンビも見た目で決めてんの?ってなった(笑)内臓とか巻いてなかったけどお面だけで臭いとか消えんの?どーなんや
ほんで傍論みたいな感じでニーガンの更生劇。けどニーガンは昔から子どもに甘かったよな。残酷さ消えて優しい笑顔の丸いおっちゃんになってくれた。よいぞニーガン。でもやっぱ私のグレンを奪った罪は消えない、、
個人的にトップオブいらない話1位はミショーンがコミュニティに入れなくなったきっかけの出来事(高校の同級生サイコだった事件)で、とってつけた感がひどいな〜wwってなった。あとロジータとゲイブリエル別に付き合わさんでええ。ほんでパパ二人?!みたいな展開もええ。まったくもってパラレルワールドの話なんやからそんな現代の問題にフレキシブルに対応しなくてええ。あと、キングダム途中でほっこりシーン用に使われすぎてたからなくなって良かった気がする、エゼキエルごめんな。
毎度このシリーズは現代に起きた悲劇から人間がどう立ち直って文明を作っていくかみたいな風刺的側面があると思うけど、今回は無秩序を整備するために憲法を作ったことや通行権を言い出したハイウェイマンなど面白いな〜と思った。何もなかったところへ、こうして法律や権利はできていくんだなと。なんなら言い出したもん勝ちみたいな部分あるなと。あと、リディアへの差別。こうして差別は生まれるのだなあ。
見所はやっぱりなんといっても楽しいフェアからの晒し首ざんまいで急落する温度。。あの落差はすごい。。ヒヤッとした。。し、涙めっちゃ出た。。それぞれ未来を楽しみにしてた人たち。。ハイウェイマン映画みたかっただろうに。。ただのいいやつやったのに。。イーニッドも。。でもほんまごめんやけどアルデン好きやからちょっとイーニッドいなくなってわんちゃんあるかもと期待している。。あとタラちゃん、、タラちゃあーーんん