Kenta

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1のKentaのレビュー・感想・評価

3.4
教会でヤクを使い気持ち良くなって寝てしまっていたニック。目を覚ますと、辺りに血がついており、恋人のグロリアに関しては死体を食べていた。それで焦り、道に出たところを車にはねられてしまう。
その後、入院することになったニック。ニックには、母のマディソン、娘のアリシア、そして、内縁の父トラヴィスがいるが、教会での出来事を話しても信じてもらえない。そして、街では着々と感染が進んでいるのだったが…。

本家TWDには到底及ばぬ開幕。
正直な感想を言うとイマイチ。いつ面白い展開が来るかと期待していたが、そんな期待を抱いて観続けているうちにS1終了していた。だが、本家も開幕はこんなもんだった。リックの場合は壊滅した街から始まるが、ニックらの場合は日常から始まる。この二作の違いはそこくらい。ただ、本家TWDでは早くも続きが観たくなったが、今作の場合はその気持ちが湧かなかった…。

焦らして焦らして登場するウォーカー。
今作観ていて思うのが、街から始まることもあってかいきなり人と人の揉め合いばかりだったなと。ウォーカーが完全に脇役どころか登場すらしない存在に…。最終話のウォーカーの集団の登場には歓喜したが(笑)

個人的にスロースタートだったなと感じた今作。しかしながら、最終話は面白いと感じた節が多かったためもう少し期待してみたい。本家TWDとクロスオーバーする部分も出てくるのだろうし、今後の映画との関わりも出てくるかもしれない。今後のクロスオーバーのことも考え、観続けていこうと思う。