世界の中心で、愛をさけぶのドラマ情報・感想・評価

「世界の中心で、愛をさけぶ」に投稿された感想・評価

瀬戸内海ってなんかいいよね。
misaki

misakiの感想・評価

-
0
本当好きなドラマ、、
切なすぎる、、
僕くん

僕くんの感想・評価

4.1
0
演技の上手い2人に脱帽
m

mの感想・評価

-
0
記録
やま

やまの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

映画→ドラマの順で視聴。
2つに共通していえることは、サクと亜紀がとても愛おしく感じること。
長澤まさみも綾瀬はるかも、高校生らしい透明感を持ちながらも、20歳やそこらとは思えないほどのお芝居。触れたら消えてしまいそうな。すごくよかった。
サクに関しても、森山未來も山田孝之も亜紀が好きで好きで、亜紀のために不器用ながら一生懸命支える演技がとてもよかった。てか山田孝之、21歳とは思えないな!
.
映画の方は2時間強という短い時間だったので物語を追うのに必死な感じがあって、その点ではドラマの方がゆっくり二人の関係も動いていくので感情移入しやすかった。でも、おじいちゃんについては映画の方がよかったかなぁ。笑
.
ドラマは…後半につれて見進めるのが辛かった。それくらい主演のふたりの演技がすごかったし、二人ともサクであり亜紀だった。
夢島での幸せそうな二人、サクが張り切って準備するところからもう可愛かった。亜紀が意外と料理下手でサクが作ってあげたり、将来の話をしているときのサクのふてくされた顔とか。とっても愛おしい。この夢島から帰ってきて二人の幸せな時間にもピリオドが打たれてしまうけど…。
後半につれては、みていてとっても辛い。亜紀はどんどんやせ細っていくし、サクも懸命に支えながらも現実に押しつぶされそうになっていくし…。ウルルの空を見に行こうとする二人の行為は果たして間違っていたのか?難しい…。高校生らしい、やろうと思えばなんでもできるのではないか、そんな今考えたら浅はかだなと思うようなことでも、本人たちは本気なんだよなぁ。
回を追うごとに、山田孝之がサクにしか見えなくて演技力に感嘆する。やっぱり素敵な役者さんだなぁ。
.
見ていて思ったことは、
もし自分の大切な人が病に侵されてしまったらあたしならどうするか。
こういう話を見る度にいつも思う。もしあたしがサクのような立場に立たされたとき、どうするのだろうか。サクみたいに、一途に相手のことを思いやってそばにいてあげることができるのだろうか。それとも、一緒にいてもお互い辛いだけだと離れてしまうのか…。
サクと亜紀のように、この先長くいれるかわからない状況にあっても一緒にいたいと思えるような人と出逢いたいな。
それに、人間はいつどうなっておかしくないし、だからこそ一瞬一瞬を大事に生きなきゃいけないんだなってこと。もちろん無駄なことをしないってわけではないけれど、やりたいことがあるときにやる。食べたいときに食べる。会いたいときに会う。とても大事なことだなって改めて気付かされた。
感動!
毎話泣きっぱなし
yusorich

yusorichの感想・評価

4.0
0
白夜行から来ました。
亜紀ちゃんがめちゃくちゃ可愛くて
朔ちゃんと一緒に恋してました(笑)
2人共まっすぐで眩しかった!
あんなに素敵な恋したら忘れられないよね・・・
Yasmatsu

Yasmatsuの感想・評価

4.5
0
最強に泣いた。
hamaz

hamazの感想・評価

-
0
視聴
ERI

ERIの感想・評価

3.8
0
脚本がうますぎる。

主演の山田孝之さんと綾瀬はるかちゃんもこの瞬間にしかない儚さ見たいのがあって、この世界観にぴったり。山田孝之さんはこの頃からうまいんだなぁ。綾瀬はるかちゃんは透明感がすごい。

このゴロッと心が出てる感じで演じられる若手ってそういないよね。なんだろうこのまっすぐさ。

脇を固めるキャストも今活躍してる人たちばかりでそれもとても良い。

最終話の高橋克己さんのお父さんとしての芝居に号泣です。これは名作すぎるよ。映画とも違って小説とも少し違って、いい!
>|