骨法十か条

オレンジデイズの骨法十か条のネタバレレビュー・内容・結末

オレンジデイズ(2004年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

 大学生たちの恋愛を描いていて、就職活動に悩む妻夫木聡さんと聴覚を失った柴咲コウさんの恋愛を中心にオレンジの会というモテ男でカメラマン志望の成宮寛貴さん、成宮さんに惹かれていく白石美帆さん、妻夫木さんと柴咲コウさんの出会いのきっかけとなる瑛太さんたち。

 バイオリンを弾いてた柴咲コウさんに出会って、さわやかな妻夫木さんがストレートに感情をぶつけていき、変化していく。その変化した主人公に影響されてヒロインもこれまた変化していく面白さ。
 2人は障害がたくさん設置されていていい具合のところでそれが発動していくので、キャラクターの面白さと相まって更に面白く感じました。

 年上の小西真奈美さんと付き合ってるけど、小西真奈美さんの前に現れる善人でグットルッキングガイの柏原崇さんが出てきて主人公失恋したり。主人公とヒロインは喧嘩ばかりだけど、上手くいき始めたら今度はヒロインの前にあこがれの先輩が出てきたり。当然上手くいかないという。
 成宮さんと白石さんの関係のエピソードがあったりして、最終的に瑛太さんだけ可哀想かな? とも思わなくはないですが、キャンプ行って缶けりしたりさわやかなグループ交際。。

 最後の方は海外に行くという距離という障害が出てきて、ネガティブな方向へと向かう2人ですが。主人公はあきらめてるのに、周りが「ヒロイン、今どうしてるよ」「行ってあげなよ、ヒロインのところへ」と気持ちをこれまた揺らがしてくるという。

 ミスチルの主題歌も抜群によかったです。
 お前ら、恋愛ばかりに悩んでないで、学生の本分である勉強ちゃんとしろ。と思いながらも主人公を応援してしまう面白いドラマでした。