nimo

オレンジデイズのnimoのレビュー・感想・評価

オレンジデイズ(2004年製作のドラマ)
4.4
超正統派青春ラブストーリー。文句なし!
とにかく柴咲コウ、妻夫木聡の演技力に脱帽。
柴咲コウ、耳が聞こえない中で自分の感情を懸命に表現する演技が本当に上手い。そしてあれだけの手話を覚えるのにどれだけの努力があったんだろうか.... 手話のみならず、一つ一つの動作で、もはや視線一つで、感情を表現している。当時23歳だけど、21歳(設定)の大人と子供の境界線で揺れる脆さ、儚さが感じられた。
妻夫木聡、安定感の塊。当時24歳、妙な落ち着きがあって貫禄がすごい。原作を読んでいないからわからないけど、22歳(設定)らしからぬ落ち着きは、もしかしたらちょっと原作のカイとはズレているのかも。

成宮寛貴と白石美帆はいい味出してたものの、あーー惜しいいいいって目を覆いたくなるシーンが多々。特に白石美帆の怒る演技はちょっと笑えてしまう。。
瑛太は流石!メインキャスト最年少ながら(むしろ役と同年齢だから?)とてもしっくり。
小西真奈美のお姉さんぶりも安定。実は白石美帆と同い年なのか....

芯の強さと儚げな美しさを併せ持つ紗絵、器が大きくて笑顔も涙も眩しいカイ、二人に心を奪われっぱなしだった!
しかし、カイがとにかく人間出来すぎてて、最初就活がうまくいかなかったという設定はしっくりこない。