しょう

きらきらひかるのしょうのレビュー・感想・評価

きらきらひかる(1998年製作のドラマ)
-
坂元裕二がドラマ業界に復帰するきっかけになった作品ということで観た。
面白かった。
キャストが主役から脇役までハマってた。鈴木京香と松雪泰子(パクノダにそっくり)はコンディションが最高潮に整っていて、小林聡美とギバちゃんはこのドラマになくてはならないアクセントになっていた。
ただ、脚本は、無駄なシーンの詰め合わせのせいで終盤の肝心なシーンにかなり力技が横行しているなと思うことがあった。
とはいえ、それを補って余りあるほどキャストたちの絶好調な雰囲気が魅力的だった(ギバちゃんのモノマネやオリーブ爆弾等のアドリブと思しきシーンから立ち昇っていた)。
スペシャルも観たい。