ドクター・フー シーズン12のドラマ情報・感想・評価・動画配信

ドクター・フー シーズン122020年製作のドラマ)

Doctor Who Season 12

公開日: 2020年06月24日

製作国:

3.9

「ドクター・フー シーズン12」に投稿された感想・評価

yu

yuの感想・評価

3.0
0
はぎ

はぎの感想・評価

4.4
0
シーズン12は今までのシーズンとは違い、1話1話かなり繋がりが深いシリーズとなった。
内容も、前回よりかなり細かくなっている。特にギャリフレイとタイムロードの誕生に触れたのはシリーズの中でもかなり重要だった。

またシーズン4以来のジャックの登場もファンとしては嬉しい。次回はドクターと再開するかもしれない。

いずれにせよ、よく出来たシーズンだった。次が13thDoctorのregenerationシリーズだろうから、楽しみに待ちたい。
やまざき

やまざきの感想・評価

5.0
0
控えめに言って最高
一生続いて欲しい
新しいマスターがあんまり悪い人に見えない(個人的な主観)のにえげつなく悪い事をする辺りがやっぱりマスターだった。スモールライトを悪用したような新しい武器も持ってるし。

それでもって、気付いたのはオープニングのリズム音?拍子?が、マスターの苦手なあのリズムだった事に今更気付いた。

今シーズンも歴史上の人物に絡んだ物語があって、もう本当にドクター達は過去の歴史的瞬間にいたのではとさえ思えてくる。

そして、前回、前々回のドクターでは登場しなかったジャックが登場したのは嬉しかった。ドクターが言っていたとおり、何かが起きている!
(トーチウッドまたやってくれたら嬉しいけど…。)

コンパニオンとのやんわり恋愛事情のないこのドクターのシリーズもお気に入りになった。
Emireply

Emireplyの感想・評価

4.1
0
第7話
悪夢をテーマにしてる話だったけど、言いたかったテーマは最後に集約されている気がする。メンタルケア的な。
よるこ

よるこの感想・評価

4.9
0

このレビューはネタバレを含みます

世界各地でMI6のエージェントたちが襲撃される事件が勃発。
新たな旅に出る準備の為に一旦シェフィールドに帰って来た3人と、ターディスのメンテナンスをするドクター。4人を迎えに黒服の男たちが現れ、車でMI6に向かう途中襲撃を受け、なんとか運転手を失いながらも長官のCに会い、そこで襲撃事件のことを知る。しかも被害者がDNAを書き換えられて人間ではなくなっていた。
しかしそこでもCが殺され、痕跡を残さない敵から逃げる為、かつてあった事のあるOに会いにいくが…大企業の社長をスパイしたり、飛行機を爆破されたり、宇宙人とマスターの企みから時代を超えて世界を救ったり。
いきなりかまして来ましたなぁ!ってワクワクした。

それにしてもマスターの再生は毎回不可解。絶対死んだはずだろうって思うのに、どこかでそっと生き返るんだよな。
ミッシーはどうやってOに再生したのか…今度は若めの有色人種男性。インド系な感じ。
マスターとしてはジョン・シムが一番好きだけど、やっぱり宿敵として出てくると楽しいな。

第三話はニコラ・テスラが登場。サソリの宇宙人とその女王が自分たちで修理出来ない(奪った技術だから)宇宙船を火星からの信号をキャッチして返信したテスラに直させようと地球へやってくる。
その頃アメリカに来ていたドクターは不可解なエネルギーをキャッチしてテスラがいるナイアガラ発電所に現れ、テスラと助手を救う。
ライバルとしてエジソンが出て来たり(ちょっとやな奴)、ちょっとチャンゾーとサイルリアンの要素がある姿の女王がキモかったり、19世紀の発明や進歩的で天才的なテスラの生涯、みんなのコスプレが楽しい。

前回のエイダ・ラブレスといい、少しマイナーな歴史の偉人が知れて勉強になる。

そして4話。宇宙の雇われ警察サイのエイリアン・ジュドゥーン(シーズン3第一話とシーズン4ラストにも登場)が再び現れ地球の一地域を勝手に封鎖。リーとルースという男女を追う。リーはルースを守りドクターと逃したあと殺される。一方ルースは何かに突き動かされ、ジュドゥーンを追い払う。仲間の3人は突如現れたキャプテン・ジャック・ハークネスにドクターと間違われ盗んだ船に召喚され、サイバーマンに対する警告を伝言される。
記憶を取り戻したルースはドクターだった。リーを殺したのはガリフレイ人だったが、ガリフレイの滅亡を知らない。2人は過去の人だと考えられるが、ドクターには(私たちにも)ルースだった記憶がない。

4話は13代目始まって以来の衝撃な展開かも。
まさかジャックが再び登場するなんて!しかも真偽が定かじゃないけど、記憶にない姿のドクターの登場…最高にワクワクする。

第5話は2030年の地球。宇宙からの病原体。マダガスカル、香港、ペルーで異常な鳥やエネルギーを感じたドクターたちはそれぞれ調査をする過程で同じ死に方をする人間に出会う。香港で行方不明になり捕らえられた宇宙飛行士をその夫と共に見つけるが、彼も病原体に犯されていた。
ドクターが出会ったマダガスカルの研究所の研究員がプラスチックを餌とする病原体で故郷の星を失い、地球で新薬開発をするためにウイルスを持ち込んだことを知る。
体が徐々にプラスチックの爪みたいなもので覆われていって、ひび割れたようになり霧散する…グロい。
死を覚悟して一人宇宙船を飛ばすのも、中の人を爆発寸前でターディスで救うミラクルも、9代目がジャックハークネスを救ったナノジーンのエピソードとどこか通ずるものがある。
あちらもガスマスクだったし。
香港の映像もトーチウッドのミラクルデイに出てきたところに似てる気がする。
ヤズの無鉄砲さが格好いい。

第6話は神と悪夢のお話。
シェフィールドに一旦帰ってきた3人。ドクターは一人呼ばれて1380年のシリア・アレッポの女子精神病院へ。そこでみたことも存在もしない怪物に連れ去られなかった少女と出会う。仲間はみんな連れ去られたという。

同じ頃3人はそれぞれ家族や友人と会っていたが、ヤズは悪夢の後部屋の隅に出現したスキンヘッドの男のことを、グレアムは白昼夢のように助けを求める女性と惑星のことを、ライアンは親友ティボが悪夢をみて男をみたことや精神的な問題を抱えていることを案じていた。そして男がティボを連れ去ったと。
合流して着いた先では衝突寸前の惑星の間に、均衡を保つための装置。その中で悪夢を見せられ続ける女性をドクターは助けるが、それは神たちの思惑通りで…ゼリン、実在する神話の神か悪魔なのかはネットで調べてみてもよくわからない。多分その知識があった方が楽しめるんだろうな。

親友の件も影響して、ライアンが旅からちょっと抜けそうなフラグが。
ずっと同じ3人のコンパニオンもいいけど、次のシーズンで変動があっても楽しいかも。

第8話は1816年のレマン湖。別荘でフランケンシュタインの話が生まれた夜をちょっと覗こうと尋ねたドクター一行は、屋敷に囚われる。刻一刻と部屋が移動し、いるはずの詩人シェリーもいない。
幽霊が現れ、骨が動き、夢遊病の男が壁を通り抜けた。
これは知覚フィルターだと気付くが、屋敷からは出られない。
そこへ何かを探してジャックの警告にあった孤高のサイバーマンがやってくる。途中で放置されたようなフランケンシュタインのような格好で意識も保つそれは、サイベリアムと呼ばれる物質を誤って取り込んでしまった守護者を探していた。目に見えなくなってしまったシェリーがサイベリアムで屋敷の形を変えていたのだ。それを渡すと未来が変わってしまうかもしれないが、それを渡さないとここにサイバーマンが退去し、過去が滅んでしまう。
ドクターはジャックに止められていたサイバーマンの望みを叶えてしまうが…。

前半のゴシックホラー、家に取り込まれ同じ場所を何度も歩かされる様子がすごくワクワクする。シーズン1の第3話にぎやかな死体にも通じる雰囲気が素敵だった。
伏線が張られていた今シーズンの恐らく山場となる敵サイバーマンが登場し、ジャックや謎の女性ドクターなどこれからどう収束していくのかすごく楽しみ。

前回の続き。サイベリアムによってサイバーマンの帝国が復活しようとしていた。人類が滅ぼされ、わずかに残った数人を救いにいくドクター一行。
銀河の境界を目指して、二手に別れてしまうものの、ドクターたちはたどり着く。一方、ヤズとグレアムたちは壊れかけの宇宙船でとりあえず敵の母艦に乗り込み、絶体絶命を迎えていた。
そして、時々差し込まれる拾われた男の子のお話。
最初は一昔前のイギリスの田舎のお話だったのが、警察官になり不死身(?)、上司をサイバーマン化、老けてない父親など…謎。
そして、ランダムな行先の境界線の向こうにギャリフレイの影が映り、マスター登場!今度はマスターとサイバーマンが組んだのか??
壮大な話になりそうでワクワク!早くジャックや記憶にないドクターが登場しないかな。

そして、シーズン12最終話。今回も短め。10話で終わり??
いつも大体13話だったのに。
マスターに脅され、破壊されたガリフレイに来たドクター。
ヤズたちはサイバーマンになりすまして、船を脱出しライアンたちと合流し、ドクターを追う。
マスターの狙いはドクターにガリフレイの記憶マトリックスを見せ、ドクターが再生遺伝子を持った最初の子供であったことを突きつける。そして記憶は消されたことも。
マスターは殺し尽くしたタイムロードの遺体とサイバーマンを融合させ、新たな種族を作り出すことだった。
ドクターはそれを止めようと、中途半端なサイバーマンが持っていた星の命を奪い尽くす死のかけらと共に全てを爆破しようと一人残ると言い出す。
だが直前になって躊躇い、そこに境界線にいた老人がサイベリウムの責任を取ってボタンを押す役を買って出る。
一人また助かったドクターは疲れ果ててターディスに戻るが、そこへジャドゥーンが現れ、恐らく星の命を奪ったことを理由に逮捕・独房に転送される。

記憶にない過去の自分、以前会ったドクターの伏線は回収したけど、11代目が再生回数を超過出来た理由がここで回収された感じ…あの時どんな流れだっけ?もう一度見返さないと。
ガリフレイ人、マスター一人にやられるってどんだけ…。
あと結局ジャック=フェイス・オブ・ボーがシーズン3でYANA(you are not alone)の警告をしたみたいに、今回も警告だけの役割だったのかという若干のがっかり感はあった。カメオ出演みたいで嬉しかったけど…今回最後に絡んでくるのかと思ってたから少し残念。
そして逮捕されちゃったドクターを誰が助けてくれるんだろう。
3人のコンパニオンは続投するのかな。
あとこのあとクリスマススペシャルかお正月スペシャルはどう展開するんだろう。こんな続きがどうなるのか不安な(気になる)シーズンラスト初めてかも。いつも別れや死があってもドクターはターディスで一人旅だったり、再生したりが多かったから…スペシャルちゃんとあるかな。
コロナで撮影ストップしたりしてそうだし、続きが早めに見られますように!
tokeisou

tokeisouの感想・評価

3.1
0
もとき

もときの感想・評価

3.0
0
かほ

かほの感想・評価

3.0
0
>|