daiyuuki

みかづきのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

みかづき(2019年製作のドラマ)
4.7
森絵都原作の同名小説をドラマ化。学校の用務係でありながら、子供たちに勉強を教えるようになった“天才的教師”大島吾郎(高橋一生)と、戦中の国民学校の教育に反発し、自由な教育の可能性を塾に見いだした赤坂千明(永作博美)が、公私共にタッグを組み、塾業界に新たな歴史を刻んでいく姿を描く。
「学校教育が太陽なら、塾は月でありたい」
「学校教育に付いていけない子供を授業に付いていけるように補習学習するのが塾の役目」「学習意欲をわかせるような授業をするのが教師の役目」学校教育に欠けた自由で勉強の楽しさを教える授業をする塾を目指す千明と吾朗の信念がぶつかり合いながら理想の塾を実現していくお仕事ドラマ、気が強く押しが強い千明と押しに弱い吾朗の対照的な男女の夫婦愛が、時にユーモラスに時にシリアスに描かれ、全5話では物足りない傑作ドラマ。
ツンデレな永作博美、女性の押しに弱い高橋一生がキュートで、利益と理想の対立や学校と塾の教育の変化が上手くドラマに織り込んであり、骨太なドラマ。