M

恋のツキのMのレビュー・感想・評価

恋のツキ(2018年製作のドラマ)
-
最初はワコとイコくん応援したかったけどワコが(まあ最初からだけど)あまりにも自分勝手で中途半端であまあま。少し嫌悪感のあったふうくんがひたすら可哀想でちょっと苦しかった。それまではワコの気持ちで見てたけど彼に別れを告げたシーンだけはふうくんの気持ちになってしまった。

最初は初々しくて可愛かったイコくんが中盤どんどん不安が募って狂気を帯び始めて怖かった。彼は人の目を引くかっこいい役もできるし怖い役も似合いそうな不思議なお顔。

ワコが映画好きというのもあるのかもだけど、ドラマよりも映画的な色が強く、映像の色の使い分けが分かりやすくされていた。イコくんと会うシーンはとっても鮮やかで希望に満ち溢れた、非現実的な空気が流れ、日常のシーンではすこし暗い青みがかった色。


同級生役の子が可愛くて調べてみたら元欅坂の子でびっくり。これから頑張ってほしいなあ。お母さんがほとんど出てこなかったのがわりと良かったかもしれない。

あと流れ的には中学聖日記ぽいなと思った。こういう恋愛が成就するにはやっぱり一定の年齢を越えるまで我慢するしかないだろうなあ。あと監督役なんか見たことあると思ったらゲスか。