ブレイキング・バッド SEASON 1のネタバレ・内容・結末

「ブレイキング・バッド SEASON 1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

善良で優秀な化学教師が麻薬製造に手を染める。
予期してなかった子供の妊娠、肺がんによる余命宣告、かつての同期への劣等感。リアル。
【最終シーズンまで視聴】

脚本と強めの絵面がとにかく最高。
何重にも交差して重なって、登場人物たちと一緒に頭も心もグチャグチャになるけど、たまにわらえるのが良いところ

話数が多いドラマはどうしても中だるみや中途半端な終わり方でコケてしまうけど、ノンストップでずっとおもしろい

グスタボとマイクが良いキャラすぎる◎
面白い!今もうS3
入りが最高!1、2話で掴まれて、そこからどうなっていくんだろうとワクワクさせてくれる。
ただ海外ドラマは良くも悪くも回によって差がある。作品によっても違うだろうけど、脚本家が複数いて、シーズンの先を見据えてるからこそ停滞や無理のある回が出てくる。
ただこの作品はこの先面白くなりそうなので、楽しみをとっておいて先を見たいと思います。
遂に二週目突入。
この面白さに黙ってはいられない。
ある日、ガンで余命宣告された冴えない高校の化学教師ウォルター•ホワイトは、愛する家族に資産を残すために、大金になるビジネス、メス(ドラッグ)製造へと手を伸ばす。
その天才的な化学の知識で、超一流のメスを作り出すウォルターはどんどんと裏社会に足を踏み入っていく。
シーズン1は、ウォルターの人間性と裏社会への一歩。
人の助けは借りたくない!貸しをつくるのが大っ嫌いな一面、家族に一円たりとも借金を作てほしくないという素晴らしさ、3話で人を殺して、境界線を越えてからは、どんなピンチも視聴者が想像する上を行くぶっ飛び具合で乗り切っていくあたり最高すぎる。
設定からしても、高校教師がドラッグ製造、義弟がDEAの麻薬捜査官、盗み癖の嫁の妹、化学の力で犯罪をするところなど楽しいが楽しみを呼ぶよいしょ方程式

海外ドラマ史上、シーズンが進むにつれて記録を更新する化け物ドラマ。
「ベターコールソウル」「エルカミーノ」も未視聴の為、楽しさ倍増です。
主人公が慣れないことに挑戦する姿が新鮮で、ストーリーも面白かった。
2話からの人の肉がグロかった。
死ぬ気で生きたら
なんでもできるんだな
ギリギリのとこで生きるって
きっと一番ヒヤヒヤして
生きてる実感湧くのかな

命をかけて
化学を学ぶ
ってなんかすごいおもしろい

首の鍵を外す前に
割れた皿の破片がないことに気付いたの
すごいな

吐いた後きれいにしてくれてた用務員が
捕まっちゃったのは
ちょっと悲しかった〜
主人公が天才、その相棒がおバカちゃん。最高におもろい。続きも見ないと。
主人公がガンで自分の髪を剃ったら悪役みたいになって味が出たのが良かった。チンピラとおじさんの絡みが好き。
末期ガンに冒された中年の化学教師がひょんなことから麻薬製造に手を染めて元生徒のチンピラと組んで荒稼ぎを目論むが家族の問題や元締めとのトラブルに巻き込まれてしまう。TLの映画好きの評判が良いので観始めた。トラブル解決法がユニークで◎
>|