ブレイキング・バッド SEASON 1のドラマ情報・感想・評価

「ブレイキング・バッド SEASON 1」に投稿された感想・評価

そのじつ

そのじつの感想・評価

4.0
0
シリアスで気分が重くなりそーなのに、予想を裏切る展開やシチュエーションで思わず笑ってまう。クセになるなりそうなテイストとバランス。
1話だけだと、まだ「好き」と言えるほどのめり込まないが、脚本や監督が手練れであることは間違いないと感じられる。
続きも見よう〜

エピソード2
淡々と事態は進行してゆく。えっ、そうするの?じゃあ、後でこうなるのかな?というドミノだおしが止まらない。ドッキドキ。
しかしこのラストは最高だったな!気持ち悪くて跳び上がりつつ、笑いが込み上げてくる・・!
ドキドキと切なさとニヤニヤ笑いの波状攻撃でクラクラします。

エピソード3
シリアス。唯一の笑いは義理の弟が主人公の息子に麻薬の怖さを教える社会見学?
「クール」とか言われてますけど。あいつ、マッチョぶってて、いつか化けの皮が剥がれるんじゃないかと楽しみ。
そしてラスト。アメリカのドラマで、こんなに人殺しを悲しく撮るのは見た覚えがない。もし自分が同じ状況にあったらどうするんだろう、と考えざるをえない。主人公の演技が秀逸です。

エピソード4
家族に癌のことを伝えた主人公。そこで悲しみを乗り越えて・・なんてハートフルな展開をこのドラマが描くはずがない。
この人は科学者だけに?未来の予測を冷静に割り出し、愛する家族を守る道を取ろうとする。だが死の病を得た者の家族は、そんなにスッパリと割り切れるはずがない。生きられる日を1日でも伸ばそうと注力する。同時にそれが、現状かかえる恐怖や悲しみと戦う唯一の方法なのだ。それを奪うのは余りにも酷だ。

エピソード5
「人間の成分」を語り合う男女の回想シーンの意味がわかった時、ウォルターがどんな男なのかが少し見える。いいねえ・・
闘病の現実が見えた時、「生きる」ってなんだ?という疑問が頭の上に落っこちてくる。結局、家族に寄り添う事にしたウォルターがとるべき道はただひとつ・・。作劇が本当にすばらしい。単にエキセントリックなハプニングをぶっこんでくるモノとは全然違う。

エピソード6
肝が座ってきたウォルターが、凄絶にカッコいくなってゆく。
この男、どこまで行ってしまうのだろう…ワクワク。雷酸水銀!

エピソード7
冒頭から???となる。ウォルターが興奮するキッカケって。デッドオアアライブのスレスレで、欲情しているのだろうか。危険なヤツだ。
これまでに相棒ジェシーの背景も語られて、彼らコンビの関係も徐々に固まってきた。
ほかに頼るモノもない危険な世界で、猛獣を相手に前進を続けるふたり。
トゥコの全貌が明らかにされた時、ウォルターの科学のマグナムが火を噴くのかもしれん。楽しみ。
Kyazuma

Kyazumaの感想・評価

4.3
0
おっさんがどんどんと人間が変わっていくところがおもしろい。

肺ガンになって、残りの人生どうするのかという所でドラッグの道へ行く。
そこでおっさんの葛藤が描かれていたり、ついに覚悟決めて作り始める時のおっさんの変わりぶりがおもしろいおもしろい。

最後の方の取り引きは、別人やったなー。

とこに地雷があるかわからない、おっさん。おもしろいです。
Belle

Belleの感想・評価

-
0
記録
ウエズン

ウエズンの感想・評価

4.0
0
いつの間にか見入ってしまった。割と話の展開がテンポよく進んでいくので、飽きずに見れる。ドラッグを売り捌いて金儲けをする話だが、主人公の生き様が格好良すぎる。最高に痺れる。
りっく

りっくの感想・評価

4.5
0
噂に違わず、確かに面白い。化学の知識で麻薬や爆弾を作ってしまう教師という主人公像は、日本で言えば「太陽を盗んだ男」のジュリーか。どこか漫画的な発想だが、地に足がついた一人の人間として感情が伝わってくるのはブライアンクランストンの演技の賜物だろう。

真面目に人生を歩んできた男が、善悪や法の一線を超えてしまう罪悪感。踏み越えたことで拡がってくる新たな世界と人間関係。限られた余命だからこそ、苦悩や葛藤があった上で、それでも半ば怖いもの知らずで覚悟を決めて相手と対峙する様は見応えと共感たっぷり。

ワンエピソード毎に、例えばバスタブが酸で溶けて二階が落ちてくる、事務所で怖い男たち相手に爆弾を投げつける等々、ショッキングな描写が脳裏にこびりつく。地獄に足を踏み入れ、もう後戻りできないまでを丹念に描いている。
字幕鑑賞。
2019年4本目。

麻薬売り捌いてヒャッハー大金持ちドラマかと思いきやかなり深い人間ドラマを見せられていい意味で期待を裏切られた。
主人公ウォルターが所々でタカが外れる描写がリアルで引き込まれた。
シーズン2も楽しみ。
ひろ

ひろの感想・評価

4.0
0
普通の父親だった人が犯罪に手を染めてしまう話。コメディ要素強めかと思いきや結構シリアスな部分もあった。
rollin

rollinの感想・評価

5.0
0
エルカミーノ鑑賞記念。

一番面白い海外ドラマはGOTかもしれないけれど、一番好きな海外ドラマは『ブレイキング・バッド』。

脚本&演出の次元が違いすぎる。視聴者が同情出来る余白すら使い果たし、実存的人生を生き切った男たちの物語。たとえどんな悪業であれ、絶体絶命の状況を乗り越える彼らの姿は魅力的。脚本術の基本と真髄がここにある!

ブライアン・クランストン演じるウォルターa.k.aハイゼンベルクのビジュアル、圧倒的カリスマ性に、おれは天啓を受けた。ウォルターのフィギュアだけで4体持ってる。
jonaco

jonacoの感想・評価

3.8
0
見るまではコメディ色の強いドラマかと
思っていたが人間ドラマ要素も多く、
深い内容でもあった。
この後のシーズンにも期待。
なんと私はベターコールソウルを先に見てからブレイキングバッドを見るという順番をやってのけた人です✌︎('ω'✌︎ )

というのも最初にブレイキングバッドシーズン1をだいぶ前にみて、えっ闘病描写つらぁ、、、って思ってから見るのやめちゃったんですよね。
でもネトフリで映画もやるし、各方面からこのドラマはすげーぞ!って言われることが多かったので、月日がたってからついに見ましたよついにー!

色による演出や、スクリーンディレクションがとてもわかりやすくされているし、わざとらしい(いい意味で)演出が多い!ので見る人に優しいって感じがする😄
正直「もう!こんな!演出しちゃって!わかりやすすぎるんだよぉ〜〜〜!(喜び)」みたいなのもあるんだけど、それがこのドラマを面白く、見る人を惹きつけるものにしているような気がする。
ある意味「劇」を見てるような気にもなる。

見るまでは「アメリカドラマ史上一番面白いドラマ」として選ばれてても「そ〜なのか〜」くらいに思ってたけど、確かにこれは「ドラマという作り物」としてとてもいいものだなって思った!だって見ててハラハラするし感情移入もするしさあ😭もうっばかっ面白いわ!って感じ!
>|