うめまつ

昭和元禄落語心中のうめまつのレビュー・感想・評価

昭和元禄落語心中(2018年製作のドラマ)
3.6
初回から特殊メイクの老人スタートがキツイ。毎秒無理がある。岡田君が120%頑張ってるのがわかるから尚の事辛い。篠井さんにコントみたいなカツラを被せるのはやめておくれ。2話目以降は岡田君の麗しさを堪能できてホッとした。着物も学生帽も白塗りも似合うわぁ。助六も汚れた色気が足りない気がするけど外してはなかった。みよ吉はもうちょっと甘ったるい感じをイメージしてたけど、岡田君と並んで見劣りしない美人にしなきゃならないからてぇへんだ。

アニメの出来が素晴らしかったので、流石にそれは超えられないけど総じて大健闘だとは思う。ただ、信之介の父親ついてはどうしても気色が悪い。そもそも原作の問題だけど、作者が頭の中で構築した物語に登場人物の心情が置き去りになってるように思う。

助六は何故あんなに焦がれた落語の世界から離れられたのか、八雲の厳しかったり情に脆かったりする一貫性のない行動は不自然じゃないのか、女という記号だけでフワフワと漂うみよ吉は筋書きの奴隷になってやしないか、殺したいほど憎んでいるはずの人間に育てられた小夏の自己形成はどうなっているのか、気になる点を挙げだしたらキリがない。ただ原作よりドラマでは生身の人間を通して居る分、その違和感が多少は拭えた。演者の皆さんお疲れ様でした。