昭和元禄落語心中のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 15ページ目

昭和元禄落語心中2018年製作のドラマ)

公開日: 2018年10月12日

製作国:

4.1

「昭和元禄落語心中」に投稿された感想・評価

rin

rinの感想・評価

-
0
今期ドラマで1番続きが気になるドラマ。
落語にはそこまで興味なかったが、物語に引き込まれる、引き込まれる。(第一回感想)エンディングのゆずは、ドラマに合わなさ過ぎて、ちょっと残念
記録
=======
(20181214追記)
原作未読、アニメは鑑賞済み。
アニメ版がとても良かったのでドラマ版も観た。最終話の放送が終わったので感想を。

菊比古をはじめ他のキャラクターも演じるのがとても難しかったと思うが、皆さん好演されていたと思う。
特に竜星涼の与太が、声の抑揚のつけ方、表情、動き、どれもキャラにぴったりハマっていて素晴らしかった。いい役者さんだね。

カットや改変もあったし、実写にすると無理があるように見えた描写もあった。
そして終盤にいくにつれどうしても駆け足になってしまっていたが、かなり上手くいった実写化だったと思う。
最終話ラストの演出もとても良かった。
その最終話にひとつ欲を言うなら、松田さんには三途の川まで見送りに来てほしかったなw

毎週楽しみにしていたので終わってしまって寂しい。そんなドラマは久しぶりだった。
原作も買おう、アニメ版もまた見直そう。
原作・アニメ版ともに未読未視聴。

場面写真や予告映像で岡田将生の佇まいの美しさに感嘆のため息出まくりでしたが、映像観てもそれは変わらず。めちゃくちゃ作り込んでるんだろうなぁとひしひしと感じるディティールの細かさ。喋り方に時々若さが見えちゃうけれど、許容範囲内。実写で若い人が年寄りを演じるのは、やはり中々限界があるのかも。
そして、竜星涼演じる与太郎がとても良かった!落ち着いた感じのお芝居しか見たことなかったから新鮮。人懐っこさがすごい。
次回からは過去編ということで、年齢という枷も無くなり、岡田将生氏の本領発揮かな。ちらっと映ったけど、助六の落語も楽しみだ〜。
|<