ほしじろ

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック シーズン1のほしじろのレビュー・感想・評価

4.5
最初はちょっと下ネタがきついなぁと微妙な印象だったのだが、何気なく見続けていくうちにどっぷりとハマってしまった。

本作の最大の魅力は、なんといっても強烈な個性を持つ多数の登場人物たちにあると思う。人種、性的指向なども含めてどのキャラクターも特徴的でインパクトがあり、各々が刑務所へ辿り着くまでの人生のエピソードを持っていて印象に残り愛着が湧く。更に、コメディ路線を基本としながらも、自らの我を強く押し出してゆかねば生き残ることが出来ない刑務所というハードな環境が舞台になっていることが、個々の個性的な表現や魅力を引き立て、そしてその個性がぶつかり合ったり、心が繋がっていくドラマの面白さを引き出していると思った。

2回目視聴: 4.2 → 4.5