Kenta

ブラック・ミラー シーズン1のKentaのレビュー・感想・評価

ブラック・ミラー シーズン1(2011年製作のドラマ)
4.5
初めて海外ドラマというものに手を出したが、初めてがこの作品は結構重かったかもしれない。ただ、嫌いじゃない。
日本でいう「世にも奇妙な物語」と類似するところがあると聞くがまさにそうだった。
こちらの作品は話が繋がっていないのでそれぞれレビューしていこうと思います。
スコアは総括してつけます。

EP1 『国家』
簡潔に内容をまとめると王妃救出のために拉致犯が首相宛にブタと性行為をしろと要求するといったとんでもない内容。
はじめのうちはこんなのふざてるなぁ程度で鑑賞していたものの内容はますますシリアスに。ネット社会というものを悪い面からとことん捉えてる。

初っ端から重すぎる内容で結構しんどかったものの、すごく続きが観たくなる。


EP2 『1500万メリット』
これまた今の社会に対して訴えるなにかがあるエピソードだった。
有名人になれなければ一生平凡な社畜。そんな彼らの唯一の楽しみなんてくだらないチャンネルか自身のアバターをいじくるだけ。今の世の中にすごい当てはまってくる。
そんなウソばかりで固められたようなネット社会のような生活でやっと見つけたリアルな歌声という美、主人公はそれを評価してある女性をオーディションに出すが、結局は歌手路線ではなく半強制的にポルノの道へ…。ひどい話だなぁ。

結局主人公もせっかく女性をポルノ路線へ送った審査員に文句言うために一生懸命チケット手に入れて言うけど、なんだかんだで審査員にうまいことやられちゃうし。
ただ、あんなクソ社畜な生活には戻りたくないから断れないんですよねぇ…。
胸糞悪っ!


EP3 『人生の軌跡のすべて』
このエピソードが一番面白かったかも。
人の記憶が耳元に埋め込まれたチップによって、記録や再生が可能になった近未来の世の中。まずこの設定がどハマりした。
男の気持ちも自分自身が男だからこそ分かる気もするけど、少しは妻のことも考えてあげてって考えちゃいました。まぁ夫婦になるとこんなことは起こり得ることなのかな…。
主人公の男が、妻と友達に妬き必死になって記憶から粗探しする姿はもう恐怖だった。近い将来本当にありえそうだからすごいリアルに読み取ってしまった。
あのラストは結局正解はない感じなのかな。