まさぴょん

ブラック・ミラー シーズン2のまさぴょんのレビュー・感想・評価

3.8
ずっと側にいて:3.6
本当にcreepyなお話だった。
なんだろう、直感的にこの技術は今後実現してはいけないなと思った。
でももうすでにこれに近いことはできそうな気が。。。。
乗り越えられない寂しさもあるが、乗り越えなくちゃいけないこともあると思う。

シロクマ:3.9
プロットだけ抜き出すとたまにある面白い話系だが、みせ方が良い。
なんだろうなんだろうと本当に引き込まれる。
ラストの演出も面白い。
立場によって風刺の内容が変わる。

時のクマ、ウォルドー:3.7
社会風刺が強い内容。
中身がないキャラクターが売れてしまった話。
ラストは皮肉。
キャラクターを演じるプライドや主人公の表情がすごく良かった。

ホワイトクリスマス:3.8
話がよくできている。ラストの伏線回収がたまらない。
これも人間の人格・意識ってどうなんだろう。とよく考えさせられる。
現実世界でブロックができる設定が面白かった。そしてやっぱり人間を拷問するなら時間・・・なのかな。なんて思ったり。
3つの濃いSF設定が同時に楽しめる。
どちらにせよ、こんな世界は嫌だ。