Na

ブラック・ミラー シーズン2のNaのレビュー・感想・評価

4.2
個人的には「時のクマ、ウォルドー」が良かった。
スクリーンの中でのみ存在するクマ"ウォルドー"は番組の制作チームが作り上げたプロバガンダ。
まるで1984の「ビッグブラザー」のよう。
ヒトラーは「宣伝効果のほとんどは人々の感情に訴えかけるべきであり、いわゆる知性に対して訴えかける部分は最小にしなければならない」と言ったが、ウォルドーは政策ではなく政治批判というまさに感情に訴えるカウンタープロパガンダをやっていた。
モンローがエリート主義なら、その対比であるウォルドー。
衆愚政治の行き着く先を見せた作品。


ホワイトクリスマスはまさに世にも奇妙な物語って感じだった。懲役30日に似てるかな。