ブラック・ミラー シーズン3のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「ブラック・ミラー シーズン3」に投稿された感想・評価

CHIO

CHIOの感想・評価

-
0
近未来に起こりうる、ハイテク社会に翻弄される人々をえがいた、シニカルなお話のオムニバス。

ミシェルに勧められて一気見したこのシリーズ、本当に面白い。
ターク

タークの感想・評価

3.5
0
記録
まりぴこ

まりぴこの感想・評価

5.0
0
ランク社会最高な作品すぎない?
夜な夜な観たくなってしまうオムニバス
あかつか

あかつかの感想・評価

5.0
0
今までも十分面白くて、☆5個つけてたのに、シーズン3にきて爆発的に面白くなっちゃった。もはや☆15個くらいつけたい。続きが見たくて夜も眠れない。

以下あらすじ。

〈ランク社会〉
「いいね!」稼ぎの浅ましさ卑しさカラッポさ。就職も家を借りるのも飛行機に乗るのも「いいね!」の数次第。身の丈に合わない飾った日常も、うわべだけの友達も、9号の服も全て棄ててしまえ!
主人公が『ジュラシックワールド』のタンクトップねぇちゃん。

〈拡張現実ゲーム〉
最新ゲームの開発の治験のバイトに応募したバックパッカーが、仮想空間の中でどえらい目にあう。どこまで仮想空間なんだ?的な。

〈秘密〉
スマホやメールをハッキングされ、弱みにつけ込まれて指示通りに動く人々。人は簡単に奴隷になる。なんといっても見ている側が「主人公かわいそ…」から「うへーっ」となる展開。
新手のサイバーパトロールか。歴代No.1エピソードかも!

〈サン·ジュニペロ〉
これもまた傑作。海辺の街サン・ジュニペロで自由を謳歌する若者たち。ふたりの女性が惹かれ合うが、彼女たちはこの街の本当の住人ではなかった。
80年代の映像で始まり「なんでこれが近未来SF?」と思うけど、ちゃんとした近未来SFでした。
つまり仮想空間の街なわけだが、死=雲(クラウド)の上に昇天(アップロード)が痺れた。

〈虫けら掃討作戦〉
「虫けら」と呼ばれる化物の掃討作戦の隊員に選ばれたストライプ。ここまでこのドラマを見続けてくれば、この「虫けら」とやらが吹聴されるような悪の集団ではないんだろうなとピンとくるのだが、話はもっと奥深い。
人間は戦場でばったり敵とあったとき、とっさには引き金を引けないのだという。人間の本能は、「お互い見なかったことにしましょ」という方向に働くのだとか。故に、軍人としての第一歩は、この本能をぶっ壊すこと(『フルメタル・ジャケット』みたいに)。
記憶、脳をいじるのは処方箋たりうるのか?というのもひとつのテーマ。誰かがインプットした存在しない恋人を唯一の心の拠り所とし、今日も虫けら退治に従事するという救いようのない展開。

〈殺意の追跡〉
SNSで炎上した人が変死する事件が発生。捜査に当たる警部と元ハイテク課の巡査。国家による監視社会もテーマのひとつ。
終盤の「プレイヤーこそが標的」というセリフにゾクゾクする。エンディングもシャレてる。なんといっても主人公の女性警部が『トレインスポッティング』のダイアンちゃん。しばらく見ない間に大きくなったなー!
ザ

ザの感想・評価

4.0
0
一日中見てた。このハラハラ感と不気味な恐怖感はアメホラ味があるな。久々のこの感じ!ランク社会の脚本のクレジットにラシダジョーンズの名前があったの見逃さなかった。ラシダ!
Ren

Renの感想・評価

4.1
0
【Black Mirror Season 3】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 1 - Nosedive]

▶︎ランク
▶︎結婚式スピーチ

「f**k you」
近い将来実現しそうな未来が2013年に既に描かれていたことに驚き。既に与信とかにランク導入するビジネス増えてるけど、このストーリーも非現実とは思えない。
主人公が本当に美人で、ランクとの葛藤を見事に演じてる!

・ランクを気にして、ランクが下がっていくシーン
・ランクが下がってどうにもこうにもならないシーン
・トラックのおばさんとのシーン
・最後の結婚式のシーン

「言いたいことを言えるのはものすごく気分がいい。あなたもやってみたら?」

起承転結がしっかりしてて、ストーリーもブレずに近代的テクノロジーが埋め込まれてる。
season3の中でもかなり好きなエピソード!!

SNSで評価と映えとに対する強烈な皮肉、そして葛藤して最後は解き放たれる主人公の姿が忘れられない!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 2 - Playtest]

▶︎ニューラルリンク
▶︎携帯電話の電波
▶︎0.04秒

「called “Mom”」

面白いし興味深い筋書き!
本当にこのドラマはストーリーと起承転結がしっかりしていて、伏線を回収しながらその背景に近代的テクノロジーが埋め込まれている刺激的な作品!

どこまでが現実で、どこまでが拡張現実なのか?
どこまでが真実で、どこまでが虚像なのか?

どんでん返しにもにたスリルを何発も浴びせられる、まさに“Black Mirror”な作品!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 3 - Shut up and Dance]

▶︎ハッキング
▶︎秘密

それぞれが秘密を握られ、
それぞれが暴露を回避するために踊らされ、
時には犯罪を強いられ
それぞれが最後は、、、

Black Mirrorの中ではテクノロジー的には身近に感じられるものだったけど、結末の後味悪すぎる、、、
それでもよくできたストーリー、毎度ながらあっぱれ!
主人公の彼の演技、priceless!本当に素晴らしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 4 - San Junipero]

▶︎脱出
▶︎涙

「ケリーに会いたきゃ別の時代を探せ」
「グレッグは私に同情して結婚してくれる」
「外の世界ではあなたに会う機会は絶対ない、
 外の世界で会ったら私を好きになってくれなかった」
「娘は選べなかった」
「なんの意味もない世界にずっといたいの?」


”サンジュ二ペロに脱出する”
”意識をクラウドにアップロードする”


少し難しかったかもと思うエピソード4。
それでも、

前半のレトロな世界観
後半の近代的テクノロジーの世界観
時代をクラウドで跨いでも続く確かな愛の形とBGM

最高に良かった!見た後に吹き抜ける爽快な海辺の風を感じる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 5 - Men Against Fire]

▶︎マスシステム
▶︎遺伝的欠陥の血統

「now you see me(あなたには見える、本当の私が)」
「the whole thing is a lie(全て嘘だ)」
「Roaches, they look just like us(俺たちと同じだ)」


”体内に埋め込む究極の兵器”


遺伝的欠陥の血統を排斥するとかいうおぞましい思想は昔のものと思ってだけど、テクノロジーをあらぬ方向に利用すると恐ろしい未来が訪れる、そんな可能性もあるというのを今作が教えてくれた。

正直言って精神的にも視覚的にも見てられない描写や言葉が出て来るけど、考えさせられる、、。

あの女の人は実は、、。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





[Episode 6 - Hated in the Nation]

▶︎ロボット蜜蜂
▶︎SNSの炎上
▶︎ランキング

「自分の言動の結果に向き合え」

ドローン配送が可能になろうとしてる時代において、想像もできなかった内容の1時間半だったけど、決して不可能だったり遠い未来の話じゃないなと震えた。

“賢いイカれた奴が1番やっかい”

AIが暴走とかロボットが暴走っていう描写が描かれてるSFはたくさんみるけど、今作のような【Black Mirror】的な未来、想像力、予見、、、怖い。

インターネットで吊し上げられてる名前に、
【Black Mirror】の色んなシーズンのエピソードで出てきた人達が出てきて、一つひとつのエピソードは独立してるけど少し相互に関連してて面白い!

10年後振り返ったら【コンテイジョン】みたいに【Black Mirror】が予見してた、みたいにならなければいいな、、。
as

asの感想・評価

4.5
0
サンジュニペロ、最高でした
ぴち

ぴちの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

死んだら脳をクラウドに残して
サン・ジュニペロに住もう


6話 殺意の追跡
ネットの誹謗中傷で人が死ぬってことを
ストレートかつ近未来的に描いててやば好き
Vol2

Vol2の感想・評価

3.6
0
追跡が面白いってみんな言ってたけど、ブラックミラーシーズン5まで全て含めて、拡張現実ゲームが1番好きだわ