あかね

ブラック・ミラー シーズン5のあかねのレビュー・感想・評価

ブラック・ミラー シーズン5(2019年製作のドラマ)
3.4
Striking vipers 2.8
将来仮想世界と現実の境目がなくなっていくよ〜的なテーマなのかな。それにしても丈長でつまんなすぎたし、学生からの旧友でstraightな二人がヴァーチャル世界のセックスに溺れるとかいう色々気まずい話だった。笑 ストーリー的には虚しいはずなのに、エピソード1〜3くらいでめっちゃ感じた鑑賞後の遣る瀬無い虚無感みたいなのが全然なくて、ふーん、って感じ。笑 やっぱtwistの効かせるタイミングとか遅すぎたし、すかすかの内容引っ張った感が凄い。

Smithereens 4.0
これ個人的にシーズン1辺りを思い起こさせる雰囲気でテクノロジーと人にしっかり沿って話が作られてて原点回帰って感じでめっちゃ好きだった。ちゃんとイギリスドラマしてた。

アシュリートゥー 3.4
これめちゃくちゃ評判悪いの知ってて見たけど、思ったより全然おもろかった。ブラックミラーぽさがほぼ皆無だから批判されてるぽいけど、見やすさはシリーズ1。マイリーサイラスの演技は正直awkwardって感じだし、ブラックミラーの世界観には全く合ってないアメリカみが否定できないところだけど。

個人的ベストシーズンはシーズン3。
ベストエピソードは
1 shut up and dance
2 the entire history of you
3 San Junipero / USS Callister
ここら辺のエピソードはまた見返したいな。シーズン4辺りからアイディアの使い回しがあったり、元々のテーマにあるテクノロジーがもたらす影響や人間との関係、在り方っていうのからどんどん逸れていったのが少し残念だったかも。色んなタイプのストーリーが観れて面白かったけど。