名探偵ポワロ シーズン11のドラマ情報・感想・評価

「名探偵ポワロ シーズン11」に投稿された感想・評価

yasu

yasuの感想・評価

5.0
0
『マギンディ夫人は死んだ』以外はとにかくドラマ的な不作のシーズン。

『マギンディ夫人は死んだ』誰に恨まれるでもない普通の婦人が殺され、冤罪と思われる容疑者も特段罪を否認するわけでもない。この状況で一筋の糸を見出して真犯人を指摘するドラマ的な面白さ。映像的なクオリティではシリーズ屈指の出来で、淡い光線に彩られた英国の世界観にはうっとりとしてしまう。また、それは二転三転するラストの推理の鮮やかさにも表れており、ミステリとしても、ドラマとしても非常に見ごたえのある作品だった。シリーズ最大の危機、ポワロ殺害未遂事件も発生。

『鳩のなかの猫』女学園での事件。ポワロの推理は筋が通っているけど、犯人はその人でなくても可能じゃないか、と思ってしまう。ミステリファンからの評価もあまり高くない。ドラマの質が落ち始める作品。

『第三の女』オリヴァ夫人登場。本作の主人公ともいえる”第三の女”の馬鹿さ加減にまったく共鳴できず、非常にありきたりなところに落ち着いてしまった感がある。真犯人へのミスリードが大きいけど、こんな犯行が果たして可能なのか疑問視してしまう。

『死との約束』シリーズの中でも非常に悲しい殺人事件。にもかかわらず、監督がヘタなのか、ドラマとしてセンスの欠如が甚だしい。『シャーロック』でホームズの兄マイクロフト役を演じ、さらに脚本まで執筆したマーク・ゲイティスがチョイ役で登場し、『ハムナプトラ』シリーズでコメディリーフを演じ続けたジョナサン役のジョン・ハナーが発掘現場に再来している。本作は『ナイル殺人事件』のピーター・ユスティノフがポワロ役を演じた『死海殺人事件』というタイトルで映画化されているが、かなり脚色されているので別物としても楽しめる。ただし、面白いものではないです(笑)
しったん

しったんの感想・評価

4.0
0
記録。
0

0の感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

01 マギンティ夫人は死んだ
ポワロの老いを感じる

02 鳩のなかの猫
学園モノって初めてなのでは

03 第三の女
ややこしい……
中尾嘉男

中尾嘉男の感想・評価

4.4
0
第三の女はアレンジが効いていい。
りさ

りさの感想・評価

-
0
記録
『マギンティ夫人は死んだ』容疑者だらけの村で推理作家と犯人探し。「時間がありすぎる」ポワロが、下宿屋の酷い環境(犬の毛とすきま風)やまずい料理に悩まされながら殺人犯を追い詰める。コメディリリーフの先生にひっかき回され(女を警視総監にすればいいのに!)肉体的ピンチにも遭い散々のポワロを癒すのはジョージでした。
カーテンの前に、残された原作を消化しているように感じたシリーズ。

オリエント急行の暗さから一転するが、時代性を意識している。これは、刑事フォイルに通じているところ。

これを終え、残された原作の数に、私はいよいよな気持ちにさせられた。
izuzu

izuzuの感想・評価

5.0
0
ぴよ

ぴよの感想・評価

4.0
0
>|