雫

ミスター・サンシャインの雫のレビュー・感想・評価

ミスター・サンシャイン(2018年製作のドラマ)
5.0
朝鮮末期から日本が韓国を占領する前までの
国を守ろうとした義兵たちのお話。

歴史に基づいたとあり、
多少脚色されてるとは分かりつつ
わっっるい日本人がたくさん出てきます。
韓国が反日になるのが良くわかります..
数十年で恨みは消えないなと..
複雑な心境。

究極のプラトニックラブですが
ここでは恋愛よりも
大切なモノを命がけで守る犠牲の心が
物語の軸になっていて儚くて、美しい。
さらに、キャラクターも
誰1人ぼやけずに魅力的。
さすがキムウンスク脚本家だなぁと。

私的には、ク・ドンメに助演男優賞送りたい
日本語のセリフに、刀の扱い。
お嬢様を見つめるまなざし。
不器用な愛の形。
究極の自己犠牲愛に、心奪われない女は
この世できっとエシンお嬢様だけだ笑

エシンお嬢さま役の
キムテリさんも、かっこよくってはまり役で
これからが楽しみな女優さんです。

まるで映画みたいな超大作ドラマでしたが、
気楽に身始めるドラマではないように思います。
日本人が朝鮮にしてきたことにやはり
胸は痛みますし、重いです。
究極の自己犠牲は
あってはならない犠牲だったわけで
このような悲しい戦争は二度とおきないよう
これからも平和を切に願うばかりです。