miii

ミスター・サンシャインのmiiiのネタバレレビュー・内容・結末

ミスター・サンシャイン(2018年製作のドラマ)
4.8

このレビューはネタバレを含みます

面白い本当に。韓国ドラマ数々見てきた中でも上位にランクインするレベルのクオリティと内容だった。俳優さんたちの演技も最高!しばらくロスが続く気がするし、心に残る作品。見て良かった。

クドンメがとにかくカッコ良すぎる。
私もホタルや工藤ひなと同じくクドンメが好きでした。もうエシンと同じ飴を買って少し嬉しそうな姿からもうクドンメが好きでずっと彼の表情とか言動とか細かく見守ってた。くっつかないかなと最初は思ったけど、途中から彼は見返りを全く求めてないし、エシンと結ばれる未来を想像もしてないことに気づいた。不器用なドンメだからエシンに彼の愛は伝わってなかった気がする。
彼は来世は幸せになって欲しいな。いつ死んでも構わないかのような目つきでエシンを守る姿は本当に素敵でまさに漢って感じだった。
そんな熱い心の持ち主なのに白丁身分で日本に渡ってからも苦労して、、。悲しすぎるし切なすぎる。孤独な人だったな。最後無残に死んでからの扱われ方も、彼のどうしても変えられない身分を表しているようで泣けた。

日本統治時代の韓国の義勇軍をテーマにしたお話。
自分を貫いて生きる両班のお嬢様エシンと、エシンを思うそれぞれ違う3人の男たちの愛と生き様にただただ脱帽。
ユジンとドンメとヒソン、それぞれ苦しみを心に抱えて生きていた。
イヤンファも凄く良かった、彼女の落ち着きとか聡明さとか、悟ったような目が切なかった。最後死に際、エシンを愛してたのは承知の上で
クドンメを待ってたって明かした時にはもう号泣。

日本がひたすらに悪く書かれているのは少し気になるけど、まぁ帝国主義時代の列強国なんてこんなもんだったんだろうなと思うところもある。当時の満州事変とか南京虐殺とかから想像するに。もちろん韓国の視線だから過剰な表現もあるのは承知。

当時朝鮮は弱い国だったけれど、どこの国でもそこに住む民は国の為に全力を尽くしていたのかも。
韓国史でも学んだけれど、韓国の人の愛国心とか、自分たちで開拓していくようなその一丸となる力強さは凄いなと思う。今のデモとかしてる姿にも繋がる気がする。