ころもち

ザ・パシフィックのころもちのレビュー・感想・評価

ザ・パシフィック(2010年製作のドラマ)
5.0
アメリカ目線で捉えた大平洋戦争のドラマ。

とても細部までリアルな作品で、こんな世界があったとは思えない。何度も自分に置き換えてみようとするが、何も想像ができない。
今まで戦争を扱った作品を多く観てきたが、今回も改めて戦争の恐ろしさや惨さを突きつけられた。

アメリカ目線の作品であるために、初めて知るような事実も多数あった。今も戦争が起きている世の中であるが、もう2度とこんな日が来ないことを願うばかり。

EP10の1番最後は出演者がどんな人物を演じたのかの説明があるが、そこでは涙が止まらない。どれだけ苦しい経験をしてきたのか私には到底計り知ることのできないことだが、大変な苦労をほんの2、3文でまとめられているのには胸が苦しくなった。写真に写るそれぞれの表情からは何とも言えない感情が伝わってくる。

勝敗や国籍に関わらず、あの時代を生きた方々のおかげで今の暮らしがあることに感謝の意しかない。

こういった事実を風化させないために、是非若い方々にも目を背けずに観ていただきたい作品だ。