まーし

ザ・パシフィックのまーしのレビュー・感想・評価

ザ・パシフィック(2010年製作のドラマ)
5.0
アマプラで鑑賞。
バンドオブブラザーズに引き続き、トムハンクスとスピルバーグの作り出す至極のドラマ。
実在する海兵隊の下士官たちを中心に描かれる太平洋戦争。
冗長なセリフではなく、五感で見る者を圧倒させ、まるでそこにいる隊員たちの耳目になったかのような感覚を味わった。
ここまで映像とか役者たちの演技で深い感情とかを表現するのってすごいと思う。言葉じゃなくて、感情が流れ込んでくる感じっていうのかな?

もちろん海兵隊目線なので日本は敵なわけですが、日本人として色んな目線で物事を見ないといけないなと痛感した。
戦いたくても戦えない者、仲間のもとに行きたいのに行けない者、志半ばに終わる者、取り残される者、精神がもたなくなる者、、、一人一人に様々なドラマがあってどれも歴史の1ページとして簡単に片付けられないものばかりです。

非常に勉強になったのでまた見たいなと思います。